.

子供の口臭の原因は?鼻づまりも関係ある?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2011-06-PP_syashinwotoriau500-thumb-1000xauto-239

 

子供の口臭が強い時、その原因にはどんなことが考えられるでしょうか。まずは、歯磨き不足や虫歯など、口内環境が悪いことが挙げられますよね。

 

次に考えられるのは、口とつながっている鼻が原因である場合。鼻づまりが、口臭を引き起こしている可能性もありますよ。

 

特に、一日中口臭が強いと感じる場合は、鼻づまりが関係してる可能性が非常に高いのです。

 

スポンサーリンク
 

鼻づまりが口臭を引き起こすわけ

 

慢性的に鼻がつまっている状態が続くと、鼻で呼吸することができないので、口呼吸をするようになりますね。そうすると、口の中が乾き、いわゆるドライマウスという状態になってしまいます。

 

口内が乾燥していると、雑菌が繁殖することによって、口臭がきつくなります。また、鼻づまりが原因で口臭が起こる原因として、もうひとつは、鼻水自体が臭いのもととなること。

 

慢性的な鼻づまりにより、副鼻腔に膿がたまって、ネバネバとした鼻水が臭いを発することにより、口臭が強いと感じるのです。

 

改善には鼻づまりの治療を

 

こういった口臭を改善するには、鼻づまりの治療を行う必要があります。鼻づまりの原因は、アレルギー性鼻炎や感染症、もともとの鼻の構造的な問題からくる疾患などが考えられます。

 

子供の口臭が強くて気になり、歯磨きなどを改善しても変化がないという場合には、一度耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。鼻づまりの治療には、専用の機械を使って行う鼻吸引や、自宅でもできる鼻うがいなどが行われます。

 

小さいお子さんの場合には、鼻吸引や鼻うがいを嫌がるケースもありますが、根気よく治療しましょう。また、ドライマウスの改善のために、水分を多めにとったり、ガムを噛んで唾液の分泌を促すことも効果があります。

 

子供の口臭が強いと、親御さんは気になりますよね。体の不調を心配するほか、口臭が原因でいじめられたりするのではないか…と、不安になってしまいます。

 

子供の口臭の原因には、歯磨き不足や虫歯など口内環境のほか、鼻づまりが関係している場合もあります。一日中臭いが気になる場合には、鼻づまりが原因である可能性が高いので、耳鼻科で診てもらったほうが良いでしょう。

 

なお、口臭はデリケートな問題ですから、子供に対しても配慮が必要ですよ。あまり直接的に、「臭う」「臭い」などと言わないようにしてくださいね。

 

必要以上に気にするよりも、前向きに治療することが大事です。耳鼻科などで相談をして原因を突き止め、早めに改善してあげるように努めましょう。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す