.

辛い花粉症の症状にはワセリンが効く!塗るだけ簡単セルフケア

m
http://www.photo-ac.com

 

だんだん暖かくなってきて過ごしやすい季節になってきました。でもそれと同時に花粉もピークに。

 

花粉症の方は憂鬱な気持ちになってしまいがちです・・・。そんな辛い症状がワセリンで軽くなるかもしれません!

 

どうしても辛い場合は薬に頼ったり、病院に行くべきですが、その前にできるセルフケアとして試してみてはいかがでしょうか?

 

ホントにワセリンなんかで症状が改善するの?と思うかもしれませんが、Twitterなどでもかなり評判がいいので試す価値はあるかもしれませんよ!

 

どうしてワセリンで症状が軽くなるの?

q
http://www.photo-ac.com

 

直接花粉が粘膜に接触しなくなる

鼻の中にワセリンを塗ることで、ワセリンの膜ができ、直接花粉が鼻の粘膜に接触するのを防ぎます。

 

粘膜に入る前に花粉をキャッチ

鼻や目の周りにワセリンを塗っておくことで、皮膚に当たった花粉をキャッチして粘膜への侵入を防ぎます。

 

保湿効果で肌荒れをガード

鼻水などで鼻の下などが赤くなったり、目をかきすぎて肌が荒れてしまうのを防ぐ効果があります。

 

どうやって塗ればいいの?どこに塗るの?

ti
http://www.photo-ac.com

 

鼻の中に塗る

綿棒などで鼻の中1~2センチのあたりにワセリンをたっぷりと塗ります。粘膜と花粉が直接接触しないようにするのが目的なので、塗る量が少ないと効果が感じられない場合もあるようです。

 

鼻の周りに塗る

鼻の周りにワセリンを塗ると、花粉をキャッチして粘膜への侵入を事前に防ぎます。また、保湿もされるので鼻のかみすぎで鼻の下が赤くなるのも防ぎます。

 

目の周りに塗る

まぶたの周りなど目の周辺にも塗りましょう。目に花粉が入るのを防いでくれます。メガネやゴーグルなどを併用するともっと花粉のガード率は上がります。こちらも直接目に触れる前にある程度ワセリンが花粉をキャッチしてくれます。

 

ポイント!こまめにワセリンを塗る

ワセリンは段々と時間が経つにつれ薄まってくるので、こまめに塗る方が効果的です。3~4時間毎に塗り直し、常に粘膜を保護できるようにしておきましょう。

 

塗り直すのが難しい場合は、朝と夜だけや、お出かけする前だけ塗っても効果が感じられるようです。

 

Twitterでの評判

t
https://about.twitter.com

 

外出時は日焼けに注意

s
http://www.sunwhite.net

 

精製度が低いワセリンを使うと酸化して日焼けをしやすくなります。精製度が高いワセリンを使えば日焼けの心配はありません。市販されている商品で、一番精製度が高いワセリンは「サンホワイト」です。

 

室内にいるときは安価なワセリン、外出の際はサンホワイトなど、日焼けが気になる方は使わけてもいいですね。また、精製度が高いワセリンの方がベタベタしにくく伸びもいいです。

 

使い始めはベタつきが気になると思いますが、ベタつきがあることで花粉をキャッチしているので、ある程度ベタつきは我慢せざるを得ません。

 

塗る量を加減して、ベタつきが比較的気にならず、効果が得られる量を探してみてください。
ドラッグストアやスーパーなどでワセリンは販売されています。値段も数百円なので、薬を買うより安上がりで量もたっぷり入っています。

 

花粉症対策以外にも、保湿力が高いのでかかとや肘、唇など保湿クリームとしても利用できます。

 

いかがでしたか?

v
http://www.vaseline.jp

 

イギリスや中国などの研究で花粉症の予防にワセリンが有効と推奨されているので、実際に効果はあるようです。

 

普段つけているマスクやメガネにプラスして、ワセリンを今年は塗ってみましょう。

 

薬と違い、副作用なども少ないので、運転や仕事などで眠気が出るのを気にする人にもぴったり。

 

また、保湿用の美容グッズとしてもワセリンは評価が高いです。花粉の季節が終わっても、全身のボディケア用クリームとしてに幅広く使えるので、この機会に1つ買ってみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す