.

梅雨明けはまだ先…梅雨の快適な過ごし方・快適グッズのご紹介!

2016-06-13_133121
出典:http://www.photo-ac.com

 

うっとうしい梅雨の時期。梅雨明けまで1ヶ月以上あるかと思うと、気分まで憂鬱になってしまいますよね。

 

でも、かわいくて機能性にも優れた便利アイテムがあれば、雨の日の外出も楽しくなりそう。

 

お気に入りの1品を見つけて、さぁ!雨の街へ繰り出しましょう。

 

これであなたもロイヤルファミリー!?

ロイヤルチョイス
出典:https://fultonumbrellas.jp

 

英国王室御用達のレイングッズメーカー・フルトン社…と聞いてピン!と来る方は少ないかもしれませんが、実は今、このフルトン社の「Birdcage(バードケージ)」という傘が大変注目されているのです。

 

すでに店頭やメディアで何度か目にした方も多いはず。

 

ではどうしてこんなにも注目されているかというと、何とあのエリザベス2世陛下が愛用されているから。

 

「Birdcage(バードケージ)」というその名の通り、その鳥かごのような独特な形はとってもキュート。

 

さらに、深めにすっぽりと差させば雨から身を守れるし、ビニール傘なので視界がさえぎられずに安全なのです。

 

女王陛下はその日のお召し物の色と傘の色を合わされていて、それがとてもオシャレです。

 

以下に載せたもの以外にも様々なデザインと色が揃っていますよ。

 

あなたもロイヤルファミリーになった気分で、優雅にお出かけしてみてくださいね。

 

2016-06-13_154158
出典:https://fultonumbrellas.jp

 

あの「soil」からも梅雨にピッタリなアイテムが

 

珪藻土から作られ、吸水性と速乾性に優れたバスマットで一躍有名となったsoil(ソイル)。

 

店頭の商品見本に、霧吹きで水を吹きかけてみずにはいられない、あのマットです。

 

そして試してみる度に、その吸水の速さ・速乾性に驚かされてしまいます。

 

最近ではバスマット以外に、割って使える板チョコレート型や、お塩やお砂糖入れに入れてそのまま使えるスプーン型の乾燥剤などが続々出てきていて、その人気の程が伺い知れます。

 

そんなsoilに、靴の乾燥剤・その名も「ドライングサック」がラインナップされているのをご存じでしたか?

 

2016-06-13_164746
出典:https://www.amazon.co.jp

 

注目すべきはsoilの代名詞とも言える珪藻土の他に、脱臭効果のある炭も入っている事。

 

湿気と匂い、一度に両方を退治できて一石二鳥。

 

ぐずついたお天気が続いて靴がなかなか靴が干せないこの時期でも「今日はこの靴で出かけたかったのに、まだ乾いてない…」「あの服にはこの靴なのに…」なんてことにはならなさそう。

 

お天気の良い日に天日干しすれば、効果は回復!繰り返し使えるのも嬉しいですね。

 

雨でもパンプス!なあなたにはコチラ

水たまり
出典:http://www.photo-ac.comURL

 

ここ何年かで一気に可愛いレインブーツが増えたものの、仕事柄レインブーツを履けない営業の方や、“女子はやっぱりパンブス!”という女子力の高い方もいらっしゃいますよね。

 

でも雨の中を2・3歩歩いただけで、すぐに泥まじりの雨がふくらはぎに…。

 

ピチャピチャとはね返る感じも気持ちが悪いし、後で拭いてもふくらはぎに黒い水玉模様がうっすら残ってしまって、朝から雨…なんていう日は本当に気分が滅入ってしまうのではないでしょうか。

 

でもそんな皆さんのために、こんなストッキングが発売されていました!

 

ありそうでなかった、そう、撥水加工ストッキングです!

 

2016-06-13_185604
出典:http://shop.fukuske.com

 

機能性を重視したストッキングの中には、色が白過ぎたり生地が厚過ぎたり、いかにも機能性ストッキングを“履いています”といったものもありますが、この撥水ストッキングはごくごく普通のストッキングにしか見えませんよね。

 

撥水加工以外に、撥水加工+着圧設定、撥水加工+UV対策…など、プラスαの機能を兼ね備えたストッキングも!

 

お値段は1500円前後と少し高めにはなってしまうようですが、あの雨のうっとうしさを考えたらそれだけ出す価値はあるかも…?

 

あなたの気になるアイテムはありましたか?まだまだ梅雨は始まったばかり。

 

すこしでも快適に過ごせるように、便利なアイテムを駆使して、梅雨を乗り切りましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す