.

二日酔いの原因や対処方法!ウコンの力は本当に効くのか?

ZOM93_sakunozombile20140503500

 

今年もまた、飲み会のシーズンがやってきました。

 

忘年会、年末年始、新年会、そして人によってはクリスマス。なんだか気が付くと毎週飲んでるな〜、なんて人もいるのでは?

 

そして、ついつい飲み過ぎちゃって次の日に辛〜い二日酔い。今年こそは二日酔いを回避したいと思っている人のために対策方法をお伝えします。

 

二日酔いの症状と原因について

 

二日酔いの症状いといえば、頭痛、吐き気、ムカつき、倦怠感、が代表的ですよね。

 

それには様々な原因があります。

・飲酒による脱水や血管の拡張と炎症、

 

・肝臓での分解時の低血糖やアセトアルデヒドの残留、

・酸素不足など。

 

それでは、それぞれの予防や対策を見ていきましょう。

 

体内でのアルコールの行方と、その時々の症状と対策

 

アルコールが体内に入ると、まず胃と腸によって吸収され、血液に混ざって肝臓まで到達します。

 

 ここで、この時の胃と腸でのアルコールの吸収をなるべく遅らせるようにする。

 

そして次に、アルコールは肝臓で分解されます。

 

アルコール

アセトアルデヒド

酢酸

水、二酸化炭素

というように分解が進んでいきます。

 

そしてアルコールからアセトアルデヒドに分解してくれる物質がアルコール脱水素酵素で、アセトアルデヒドから酢酸に分解してくれる物質がアセトアルデヒド脱水素酵素です。

 

このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人が二日酔いになりやすいタイプといえます。

 

日本人に多いタイプです。

 

そしてアセトアルデヒドの分解が間に合わないと、強い毒素を持つアセトアルデヒドが体内に残り、頭痛や吐き気などの二日酔いの原因になります。

 

 アセトアルデヒドの分解を助ける。

 

以上のように、アルコールを分解している間、肝臓が忙しく働かなければいけないために、糖分を蓄えるという通常の働きがおろそかになり、体が低血糖状態になってしまいます。その為、頭痛やムカつきなどの症状がでます。

 

 糖分を補給してあげる。

 

その他にも、肝臓でのアルコール分解時には酸素が必要なため、体が酸素不足になります。その為、頭痛等の症状がでます。

 

 酸素を補給してあげる。

 

このようにして肝臓でアルコールが水と二酸化炭素に分解され、尿として排泄される訳ですが、アルコールは利尿作用が高いため体内の水分不足を招いてしまうことになります。

 

この脱水症状が二日酔いの原因としては一番多いそうです。脱水症状により、頭痛や吐き気や倦怠感などの症状がでます。

 

 水分を補給してあげる。

 

以上のように、アルコールが排泄されるまでには肝臓の働きが大きく関わってきます。この時の肝臓の仕事ぶりが肝心です。

 

 肝臓機能を活発にする

 

アルコールが体内に吸収されて、排泄されるまでを振り返りながら、二日酔いを防ぐポイントをいくつかあげてみました。

 

次はこの各ポイントについて、どのような予防と対策があるのか見てみましょう。

 

二日酔いの為の予防と対策

 

 胃と腸でのアルコールの吸収をなるべく遅らせるようにする。

 

胃と腸での吸収を遅らせるには、まず空腹状態での飲酒を避けるというのが基本です。そして、どのようなものを食べれば更に効果的か。それは油分を多く含んだ食品や油分そのものを摂取するというのが良いそうです。

 

脂肪は吸収に時間がかかるため、アルコールの吸収を遅らせたり、血中のアルコール濃度を抑える効果があります。牛乳を飲むと良いともいわれますが、牛乳よりももっと脂肪分の高い物のほうが更に効果が期待できます。

 

 アセトアルデヒドの分解を助ける

 

アセトアルデヒドの分解を助ける食品を紹介します。

 

しじみ、あさり等の貝類、たこ、いか、ナッツ類、鶏肉、卵、ごま、豚肉 等。

 

 糖分を補給してあげる。

 

糖分の補給には吸収の早い果糖が最適です。オレンジジュースや果糖を含むアクエリアスが向いています。

 

 酸素を補給してあげる。

 

酸素スプレーや酸素を含んだミネラルウォーターで酸素を補給してあげると二日酔いに効果的です。

 

特に酸素水は体への吸収も早く、同時に水分も補給できるので二日酔いには最適です。

 

 水分を補給してあげる。

 

上記でも紹介しました酸素水や、スポーツドリンクが理想的です。個人的には子供や高齢者の脱水症状に効果的な「OS−1」などの経口補水液が良いのではないかと思います。

 

アルコールでは、ナトリウムやリン、カリウム、マグネシウム、などの栄養素も同時に失われます。

 

経口補水液はそれらの栄養素をスポーツドリンクよりも更に早く吸収することができます。また、飲酒中にも水分をとるよう心掛ける事も大切です。

 

アルコール度数の高い物ほど脱水になり易いので、度数の高いお酒をストレートで飲む時にチェイサー(お水)を添えたり、またはスープ系の飲み物を同時に飲んだりするとよいでしょう。

 

水分を摂る事で、同時に血中アルコール濃度の上昇を抑えたり、血中にアルコールの吸収を遅らせたりする効果もあります。

 

 肝臓機能を活発にする

 

肝臓機能を活発にすることで、二日酔い予防になります。飲む前に肝臓を元気にしてあげるのです。

 

それに効果的なのが、ビタミンB15とクルクミンです。ビタミンB15を多く含む食品はゴマや玄米。市販のドリンク剤ではヘパリーゼがあります。

 

コンビニでも売っているヘパリーゼWではなく、 第3類医薬品であるヘパリーゼドリンクの方がより効果的です。

 

実際にウコンの力は本当に効くの?

 

そしてクルクミンといえば、おなじみのウコンの力です。

 

このクルクミンはウコン特有の成分で、他の物には含まれていません。ですからクルクミン=ウコンという訳です。香辛料のターメリックとしても有名です。このウコンですが、医薬品ではなく生薬です。

 

そして、比較的効き目が緩やかだという報告もあります。それぞれ個人の体質にもよるので、どのくらい効くのかというのは個人差が大きいと思いますが、

 

筆者の経験からいくと、「まあ、悪酔いはしないかな」という感じでした。多分、効いているのでしょう。ですが、明らかに実感できる程ではありませんでした。明らかに実感できる程効いていたら、酩酊感も感じられないかもしれませんからね。

 

このくらいで良いのだと思います。因に飲んだ量も多くはなかったですが、二日酔いはしていません。ただ、生薬だからといって規定量以上を毎日飲み続けると、肝臓に思わぬ負担をかけることにもなりまねませんのでご注意を。

 

[二日酔い対策 (番外編)] アルコール摂取で拡張した血管を収縮させてあげる

 

アルコールを摂取すると血管が拡張して、炎症を起こすことがあります。それが原因で二日酔いの頭痛が起ることがあります。

 

それを解消するには血管を収縮させてあげることが効果的です。血管を収縮させる方法としては、コーヒー等でカフェインを摂ったり、牛乳を飲むというのも良いそうです。

 

二日酔いは苦しいよね・・

 

筆者も二日酔いで苦しんだ事は数しれず。

 

酷い残酒感で仕事に出掛け、苦しみながらも午前中めいっぱい汗をかいて働いたらお昼頃にはすっきりとお酒が抜けていた、なんて事もありました。ですが、脱水症状による二日酔いが最も多いとのこと。

 

汗をかくといのが逆効果になることもあるそうです。

 

胃や腸を保護しつつ、肝臓の働きを良くする物を摂取する。

そして、糖分や水分や酸素を補給する。

この事を頭に入れつつ、楽しく適量を飲む!

それが、二日酔いの予防と対策という訳です。

 

おすすめのツマミ

 

ここで以上を踏まえて、おススメのおつまみの紹介を。

 

タコ唐、イカ唐、鶏の唐揚げ、ミックスナッツ、チーズ、アサリの酒蒸し、などはいかかでしょうか?

 

美味しく食べて二日酔い予防ができちゃいます。

 

そして飲んだ後は寝る前にぐい〜と、酸素水やミネラルウォーターを景気良くやって、良く休む。

 

ほら、次の日も爽やかな朝が待っていますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

MIYAKO85_maehamab20140726500

 

スポンサーリンク

コメントを残す