.

かかとの角質を簡単に除去するには?角質の原因を知ればキレイなかかとへの近道に!

992d2fcd14e6932831e25d1dc5642eab-e1432548729997
出典:http://hadalove.jp

 

あなたはカチカチかかと(=角質が堆積している状態)になってしまった原因を把握していますか。

 

かかとがカチカチになってしまうと、その除去方法ばかりを先に知りたがってしまいます。

 

ですが原因を把握しておくと「この除去方法はどの原因に対して有効か」と理解した上でケアすることが出来、ケア後の状態を保ち続けることにもつながります。

 

何事も、理解して行うのとそうでないのとでは、結果に違いが出るもの。

 

これを機に、是非一度きちんと把握することから始めてみましょう。

 

スポンサーリンク
 

まずは原因の把握から

原因は4つだけれど本当は…

 

カチカチかかとになる原因は4つ。①刺激 ②乾燥 ③角質堆積 ④水虫

 

「④水虫」は医師による診断と治療が必要となってくるので、自分でケアする対象からは外します。

 

そうなると残りは3つですが、「③角質」は『「①刺激」と「②乾燥」からかかとを守りなさい!』という脳からの指令によって作られるもの。

 

ならば「①刺激」から守り「②乾燥」しないようしてあげれば、「③角質堆積」しなくなる!というわけです。

 

刺激 ~様々な刺激~

 

①刺激というとチクチクやピリピリ、または刺激の「刺す」という文字から、何だか刺されるようなイメージがありますよね。

 

でもそうではなく「体重を支えていること」が、足裏への刺激なのです。

 

確かに、体の重みの全てを足裏のみで支えなくてはならないのですから相当な刺激です。

 

そのため健康サンダルが良くないとも言われています。

 

ソールのイボイボに全体重を乗せることによって得られるあの心地よい刺激が、かかとにとってはあまり良くありません。

 

どうしてもはきたい方は靴下を必ずはくなどして、刺激の伝わりを緩和してあげて下さい。

 

②靴下をはくことは“摩擦による”刺激を減らすことにもつながります。

 

裸足で履き物をはくのがよくないのは、摩擦による刺激を受けてしまうためです。

 

また、角質を取ろうとして軽石などでゴシゴシこすると、それが刺激となり→防御の指令が出て→ますます角質が堆積する…という、魔のスパイラルにはまってしまいますので注意が必要です。

 

③そしてサイズの合わない靴は、〔サイズ大〕靴の中で足が前後左右に動いて擦(こす)られてしまうし、〔サイズ小〕きつくて足を圧迫→刺激となります。

 

乾燥

 

足の裏には、汗腺は沢山あるのですが皮脂腺がありません。

 

そのため、もともと油分が不足しています。

 

皆さんは洗顔後に化粧水をつけますよね?

 

でも化粧水だけでは水分が蒸発してしまい、かえって乾燥してしまいます。

 

それを防ぐために乳液やクリームで「フタ」をしています。

 

そう考えると足の裏が乾燥してしまう理由が分かりますね。

 

そう「フタ」をしたくても油分が不足していて出来ないから乾燥するのです。

 

そのためクリームなどで油分を補給してあげなくてはなりません。

 

ちなみに、刺激のところでも出てきた「裸足」ですが、裸足は乾燥にもよくありません。

 

裸足は外気に直接さらされるためより乾燥しやすく、乾燥した足で履き物を履くとより摩擦を受けやすくなるというわけです。

 

ケアの順番を見直してみる

 

カチカチのかかとを目の前にしたら、一番に角質を取ってしまいたくなるのが心情です。

 

ですがその前に、以下の順番で進めてみて下さい。角質を取る際の刺激がかえって角質を作らせてしまう場合があるからです。(※但しあまりにも角質が固い・厚い場合は、その限りでありません)

 

レベル1:尿素配合のクリームを与える

 

お風呂上りに尿素配合のクリームを塗り、足の裏をマッサージしましょう。

 

尿素には保湿効果のみならず、角質を柔らかくする効果があります。

 

またマッサージにより血行が促進されます(血行が悪いと冷えを招く→冷えは皮膚細胞の代謝を悪くする→角質が堆積しやすくなる)。

 

レベル2:パックをする

 

レベル1で改善が見られなかった方はレベル2を試しましょう。

・化粧水用のコットンパフに化粧水を多めに含ませる(※)
・カチカチになっている箇所に貼る
・ラップで覆い、しばらく放置する(10分以内にとどめる。バリア機能が低下するため)
・ラップ・パフを取り除き、尿素配合のクリーム+マッサージ(=レベル1)
・靴下をはく
※おススメのコットンパフはこちら!(商品説明分から引用)
・1/2の化粧水で驚くほどうるおうコットンです。
・新開発のうるうるスポンジ素材採用。
・含んだ化粧水を残さずお肌に送り出すので、いつもの1/2の化粧水でも驚きのうるおいがパフから出てきて、パッティング・パックができます。

 

2016-06-29_174206
出典:https://www.amazon.co.jp

 

レベル3:堆積している古い角質を取り除く

 

レベル1でも2でもダメだったのは、角質が固すぎ・厚すぎて、保湿成分を浸透させられなかったから。

 

こうなったらいよいよ古い角質を取り除きましょう。

 

下記は代表的な例です。ご自分に合う方法を見つけて下さい。

 

①やすりで削る

2016-06-29_174933
出典:https://www.amazon.co.jp

 

【ワンポイントアドバイス】
・お酢:お湯=1:3の割合で足湯をする。30分~1時間(お酢にはピーリング効果あり)
・軽くタオルドライ(濡れた状態で削ると皮膚への刺激が強い)
・削る方向は一定方向に。往復させない
②足用のスクラブ石鹸(一例)で洗う

 

③ピーリングタイプのフットケアアイテム(一例)で、削らずはがす

2016-06-29_180806
出典:http://babyfoot.co.jp

 

いずれの方法でも、その後に必ず!水分と油分の保湿をすることをお忘れなく!

 

まとめ

 

かわいいサンダルやミュールを履いている女性を見かけると、靴のデザインより先にかかとを見てしまいますよね。

 

そしてそれがカチカチかかとだったりしたら、自分のかかとは棚にあげて「うわぁ…。せっかくのミュールが台無し」なんて思ってしまいます。

 

人からそんな風に思われないためにも、今のうちにこっそり・スッキリお手入れして、皆の憧れの的になっちゃいましょ!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す