.

寝苦しさを解消する涼感寝具で、夜もぐっすり

2016-07-05_154636
出典:http://suumo.jp

 

つい何年か前までは「梅雨時は気温が下がるから、肌掛けやタオルケットにするのはもう少し先でいいんじゃない?」…なんて会話をしていたものです。

 

ですが、ここ数年は異常な猛暑に見舞われ、その暑さが梅雨時にまでなだれ込んできている感じがします。

 

朝の最低気温が25℃を超える程なのですから、夜は寝られたものではありません。

 

皆さんも夜中に何度も目が覚めて、寝不足続きなのではないでしょうか?

 

そこで、この寝苦しさを解消する涼感寝具をご紹介します。

 

お年を召された方へのプレゼントにもおススメです。是非参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク
 

日本の夏の特徴を知ることから始めよう

 

日本の夏はどうして寝苦しいのでしょうか。その原因は高い湿度と気温にあります。

 

冬の初め、暖房を入れずに加湿器をつけただけで、お部屋が暖かく感じたことはありませんか?

 

それは、湿度が高い状態では体から水分が蒸発しにくいため、体の熱が奪われにくくなり暖かく感じたのです。

 

だから湿度の高い今の季節はより暑く感じるのです。

 

それに加えて近年の猛暑。この2つが原因となり深い眠りにつけないのです。

 

夜中に何度も目が覚めてしまい、その度に背中やシーツが汗でぐっしょり濡れていませんか?

 

もしかして今お使いの寝具には、湿気を逃す機能が無いのかもしれません。

 

逆に、湿気を逃すことができさえすれば安眠できるというわけです。

 

おススメひんやり寝具

ロマンス小杉「アイス眠EX」

2016-07-05_154541

出典:https://www.amazon.co.jp

 

最初に紹介するのは、ロマンス小杉の「アイス眠EX」という敷パッドです。

 

この商品は“涼感ポリエチレン”という素材で出来ていて、それを粗い網目状に編んであります。

 

2016-07-05_154602
出典:https://www.amazon.co.jp

 

網目状になっていることで体に触れる面が少なくなり、通気性が抜群!

 

熱がパッドの内側にこもらず、スッと抜けていく感じです。

 

一般的なジェル状のパッドは、ジェルが一度体の熱で温まってしまうと再度冷たくなることはありません。

 

でもこのアイス眠EXなら、一度温まった箇所も、寝返りをして別の箇所で寝ているうちに冷たさが復活します。

 

感覚としては、畳で寝ているのと同じ感じです。

 

その他にも自宅で手軽に洗えてすぐ乾くことや、綿のベットパットのように綿ぼこりの塊が出来ないなど、優れた点があります。

 

1つデメリットをお伝えするとすれば、朝起きた時に、体に網目の模様がうっすら付く場合があることです。

 

塩で冷やす冷却マット「SNOW Princess」

2016-07-05_154520
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

 

こちらは驚き!マットの中に塩(※)が入っているのです!
(※)硫酸ナトリウムを主成分とした水・塩化ナトリウム・塩化カルシウム等との化合物

 

これまでの冷却マットは、冷たさを持続できないという問題を抱えていました。

 

でもこの「SNOW Princess」は、中に入っている塩が“30℃を下回ると結晶化・上回ると水溶化”する特性を繰り返すことにより、冷たさを持続させることに成功しました。

 

寝ていてマットが暑く(=水溶化)なってきたら、結晶化されて冷たくなっている箇所に緊急避難!

 

しばらくすれば水溶化した箇所も結晶化されていきます。

 

ですので当然、冷蔵庫で冷やしてから使う必要なし!そのまますぐに使えます。

 

また、マットは32の枠に分けられていて、ダウンベストのようにそれぞれの枠ごとに内容物が入れられています。

 

そのため偏ってしまう心配もありません。

 

竹シーツ

2016-07-05_154416
2016-07-05_154444
出典:http://item.rakuten.co.jp

 

5年程前に登場して以来、根強い人気の竹シーツ。

 

竹の中で最も冷感効果のある孟宗竹で作れらた竹駒(約2×4cm)が熱を吸収し、駒と駒の間の隙間から熱を放出します。

 

竹駒の厚みは6mmあるので、体と敷パッドの間に風の通り道ができます。

 

就寝前に寝室を先にエアコンで冷やしておくと、竹駒のあまりの冷え具合に驚いてしまうかも!

 

エアコンをつけたまま寝る方は、すこし冷え過ぎてしまうかもしれません。

 

サイズが少しだけ小さい軽量タイプも販売されていますので、これまで重たさのみがネックになって購入を躊躇されていた方は、是非チェックしてみて下さい。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

いずれも電気代はゼロ、事前の冷蔵も不要のアイテムばかり。

 

しかも3アイテム共、同じ素材で出来た枕も販売されています。

 

もしちょうど冷感寝具の買い替えを検討されていたなら、セットで揃えてみては?

 

夏は梅雨明けの、またその先。まだまだ暑い日が続きますので、くれぐれも熱中症にはお気をつけて!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す