.

夏風邪の原因と対策2016年版!即効性のある治し方を紹介!

夏風邪

 

毎年夏に話題になる夏風邪。特に2016年の今年は全国各地で記録的な暑さです。

 

特に夏バテ気味で弱った身体には夏風邪の危険性が高まります。

 

この記事では夏風邪の原因から、即効性のある治し方、また、今年の夏風邪事情についてまとめています。

 

是非、夏風邪対策にお役立てください!

 

夏風邪の原因とは?

夏風邪2
出典:http://xn--68j402nznekl4bjmi.xyz

 

夏風邪の主な原因としては、身体を冷やすことです。

 

寝苦しい夏の夜に冷房をつけっぱなしにして寝てしまい、冷房によって空気が乾燥。

 

そして喉や鼻の粘膜が乾燥してウイルスに侵されてしまいます。

 

ましてや2016年の今年は、全国各地で異常な暑さを記録しています。

 

この暑さはまだまだ続くと見られていて、しばらくは寝苦しい夜が続くハズです。

 

冷房のつけっぱなしによる身体の冷えには気を付けなくてはなりません。

 

夏風邪特有のウイルス

夏風邪 ウイルス
出典:http://www.otona-beauty.com/

 

通常インフルエンザなどのウイルスが活発になるのは冬の乾燥した空気の中です。

 

しかし、夏風邪のウイルスは高温多湿を好みます。梅雨から夏にかけてこのウイルスは活発に行動します。

 

夏風邪での有名なウイルスと言えば、アデノウイルスやコクサッキーウイルスなどが挙げられます。

 

これらのウイルスにより、ヘルパンギーナ等の子供特有の夏風邪症状を発症したり、大人でも高熱や喉の痛み等の症状が見られます。

 

また、この夏風邪特有のウイルスはお腹で増殖しますので、ウイルスが身体から出て行くまでに時間がかかり、長引く事が多いです。

 

2016年の今年、私の周りでも夏風邪を発症して高熱が出てしまった人がいます。

 

幸い大事には至らなかったのですが、夏だからと油断せずに身体のケアに務めていきたいものです。

 

スポンサーリンク

夏風邪を長引かせない即効性のある方法を紹介!

夏風邪 睡眠
出典:http://kansensyo.com/

 

まずは月並みではありますが、十分な休養を取りましょう。

 

そのために冷房を上手に使って睡眠を取りやすい環境を作ります。タイマー設定の活用や、設定温度を少し高めにするなどして、冷えすぎないようにするのがポイントです。

 

食事の取り方も重要です。喉に刺激の無い、消化に余計なエネルギーを使わない食事を心がけます。

 

定番のおかゆ、うどんも良いですし、豆腐やゼリーなども効果的です。

 

ゼリーは市販の栄養補給に特化したものがオススメです。そして、気をつけなくてはいけないのは脱水症状です。

 

夏場という事もあって汗をかきやすく、夏風邪の症状による下痢もありますから、脱水症状になりやすいです。

 

極端に冷えた飲み物では無く、なるべく常温に近い飲み物で上手に水分補給していきましょう。

 

これらの方法をしっかりと実践すれば、長引く夏風邪もより早く治せるはずです。

 

※補足※
夏風邪の症状による高熱や下痢ですが、下痢は止めない方が懸命であると言われています。

 

下痢により、お腹にいるウイルスを排出できるのです。人間の身体の自浄作用ですね。

 

しかし、高熱に関しては解熱剤を使用するなどして、症状を緩和させましょう。

 

高熱で寝苦しくて、十分な睡眠を取れない事があるからです。

 

夏風邪の予防法

冷房
出典:http://sakanano.com/

 

予防法としては、身体の極度の冷えを防ぐことです。

 

特に就寝時の冷房の設定温度は少し暑いかな?ぐらいがちょうどいいです。

 

また、人混みなどを避ける事も重要です。どうしても人混みに入る時はマスクを着用し、ウイルスの侵入を防ぎましょう。

 

2016年の夏は連日暑い日が続いているので、夏バテによる体力低下も夏風邪の一因です。

 

疲労感や、風邪の初期症状のような倦怠感(ダルさ)を感じたら早めの就寝で体力の回復に務めましょう。

 

まとめ

 

夏風邪は身体の冷え、夏風邪罹患者のウイルス感染、夏バテが主な原因です。

 

2016年は連日酷暑が続いているので、体力が低下しやすいです。

 

十分な睡眠と栄養を取って、規則的な生活を心がけましょう

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す