.

多様化するパワハラ!できない上司には逆パワハラも!?

パワハラ冒頭
出典:http://www.siruzou.jp

 

パワハラという言葉が広く認知されるようになってきています。

 

職場でのパワハラによる労災認定もされるようになってきていますね。

 

一口にパワハラと言ってもいろんな種類や状態があるようです。

 

職場での上司から部下へのパワハラ、先輩からのパワハラ、逆パワハラ。

 

多種多様になってきているパワハラ事情についてまとめてみました。

 

職場での上司から部下へのパワハラ

パワハラ上司
出典:http://www.kyoeikasai.co.jp

 

最もポピュラーなパワハラの形です。

 

職場において、上司から無理難題を振られたり、逆に雑用ばかりを押し付けられたり。

 

様々な形でパワハラが行われています。

 

上記のような間接的なパワハラだけならまだしも、過度に叱責したり、暴力に訴える事もしばしばあるようです。

 

こういった事が積み重なり、精神的に病んでしまい亡くなるという方も多くいます。

 

人生を豊かにするはずの仕事において、逆に不幸になってしまい人生が狂ってしまう・・・。

 

これがパワハラの恐ろしさです。

 

職場での先輩からのパワハラ

パワハラ先輩
出典:http://woman.bp-labo.com

 

教育や指導と称して、仕事の範疇を超えて後輩イビリをするパターンです。

 

職場内での力関係では明らかに先輩社員が上なのです。

 

そういう立場を利用して、後輩に圧力をかける事がままあるようです。

 

人格を否定するような事を言われたり、影で悪いうわさを流されて職場内で孤立したり・・・。

 

パワハラに至る経緯はいろいろあるようですが、先輩社員からの妬みやただのストレスのはけ口など様々です。

 

こういった手合は相手をしていると本当に疲れますよね。

 

かと言って先輩なので邪険にできない・・・仕事を教えてもらえなくなるかも・・・。

 

こういう人の弱い心理につけ込む卑怯な手口なのです。

 

職場の逆パワハラ

パワハラ逆
出典:http://cdn.mainichi.jp

 

近年目立っているのが逆パワハラです。

 

特にここ数年で仕事は一気に自動化が進み、パソコンスキル無くしては業務が円滑に進まないパターンも出てきました。

 

そうなると苦しいのは、今までの仕事に慣れたベテラン社員。

 

急激に押し寄せるパソコン仕事に四苦八苦しているのが実情なようです。

 

対して若手はスラスラとパソコンを使いこなす。

 

「あれ?先輩、そんな事も分からないんですか?」「上司なんだからしっかりしてくださいよ!」

 

などと信じられないですがこんな言葉が横行しているようです。

 

こういうケースも泣き寝入りが殆どで、実際に訴えるとなると難しいようです。

 

権力や、力関係が上なのは本来上司や先輩ですからね。

 

認められづらいケースなのでしょう。

 

パワハラ対策

パワハラ対策
出典:https://welq.cdn-dena.com

 

職場での耐えられないパワハラの毎日を解決するにはいろいろ方法があります。

 

社内のコンプライアンスに関わる部署に相談。

労働局のパワハラ相談コーナー。

労働局長の指導。

労働審判。

 

このような手段を使ってパワハラを根絶しようとしているのが世の中の動きなのです。

 

労働局についてはネット上にも様々情報がありますので、最寄りの労働局への相談をオススメいたします。

 

ここの労働局長の指導はかなりの効力を持つようですので、良い武器となってくれるはずです。

 

最後の労働審判は裁判所に実際に行って手続きをするものです。

 

これは裁判とはまた違った方法で行われますが、もちろん絶大な効力を有するものです。

 

最終的には訴訟にまで持ち込める方法ですので、最後の砦ですね。

 

パワハラは世間的に大きく注目を集めているものです。

 

今では労働者の権利も守られ始めているので、パワハラに悩んで引きこもるよりも、積極的に行動して変えていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す