.

副流煙の影響が子供へ?受動喫煙による健康への影響

副流煙
出典:http://xn—-gburcl7upc3fo930cb4vat9r.com/

 

タバコを吸っていなくても健康を害する副流煙。

 

その副流煙による健康被害というのは少なからずあります。

 

大人だけでなく、身体の未発達な子供への影響も懸念される副流煙のリスクと対策を記事にしました。

 

恐ろしい発がん性の物質発生のメカニズムと子供、胎児への影響、副流煙の防止方法をご紹介致します。

 

タバコの副流煙は子供にどんな影響がある?

副流煙 子供
出典:http://goodluckjapan.com/

 

タバコの副流煙には多くの有害物質と発がん性物質が含まれています。

 

特に有害物質への耐性が低い子供にとって、副流煙による受動喫煙は大きな害がありますす。

 

副流煙に含まれる有害物質発生のメカニズムと、子供への影響の具体的な内容は以下の通りです。

 

副流煙に含まれる有害物質と発生のメカニズム

 

タバコには主に主流煙と副流煙があります。

 

主流煙とは、喫煙者がタバコを吸った時にフィルターを介して喫煙者本人が吸い込む煙です。

 

副流煙とはタバコを吸っていない時に先端から立ち上る煙です。

 

タバコを吸い込む時に、タバコの先端は900℃の温度に達する為に、発がん性の物質も分解されるのですが、副流煙は500℃程度の温度条件で発生するので、発がん性物質がそのまま煙になっていくのです。

 

そのために副流煙には主流煙よりも何十倍もの発がん性のある有害物質が含まれています。

 

子供への影響の具体的な内容

 

子供は大人に比べて有害物質に対する耐性が低いです。

 

タバコの副流煙に含まれる有害物質は数千種類とも言われており、発がん性物質に至っては60種類も含まれています。

 

有害物質への耐性が低い子供は、この副流煙により、虫歯、アトピー、小児ガン、白血病、脳腫瘍、知能低下などの危険性にさらされます。

 

発がん性物質を含むわけですから、喫煙家がいる環境は子供にとって有害以外の何物でもありません。

 

どうやって子供を副流煙から守る?

副流煙 子供 予防
出典:http://www.city.osakasayama.osaka.jp/

 

自らがタバコを吸わなくても副流煙による受動喫煙で健康を害したという例はいくらでもあります。

 

15年務めた職場で副流煙にさらされて受動喫煙を続けた結果肺がんになったと訴える人もいます。

 

このような副流煙の害から身を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、喫煙者に近づかない事が一番でしょう。

 

最近では分煙対策も進んできているので、喫煙所付近に近づくのは絶対にNGです。

 

喫煙が可能な飲食店への立ち入りも可能な限り避けたいところです。

 

どうしても喫煙者と一緒の時間ができてしまうという人もいると思います。

 

そういう人はマスクをして少しでも受動喫煙の害を減らしましょう。

 

具体的には

・市販のマスクを2枚重ねて使う

・PM2.5対策のマスクを使う

等の対策が有効です。

 

また見た目はかなりゴツいですが、防塵効果のある吸収缶の付いたマスクもかなり有効とされています。

 

妊娠中の子供への影響は?

妊婦害
出典:http://www.morisue-clinic.com/

 

受動喫煙による妊婦への影響もかなり大きいようです。

 

生まれてくる子供が低体重で生まれてきたり、ぜんそくやアレルギー、またダウン症児として生まれてくる可能性もあるようです。

 

特に妊娠初期の子供への影響は大きいようで、無脳症だったり、死産、流産などのリスクも高まるようです。

 

受動喫煙による胎児への影響は連続で副流煙を吸い続ける環境に居た時に顕著なようです。

 

たまたま入ったお店で、少しタバコ臭かった程度ではあまり影響は無いですが、毎日喫煙者と生活を共にするような場合は気をつけたほうがいいです。

 

旦那さんがタバコを吸う場合は妊娠期間だけでも絶対にやめてもらいましょう。

 

まとめ

副流煙2
出典:http://blog.goo.ne.jp/

 

副流煙による受動喫煙のリスクと対策を説明してきましたが、根本的なものとして、分煙をもっと進めてもいいと思っています。

 

というのも先進国中でここまでタバコが手軽に安く手に入るのは日本ぐらいだと言われているからです。

 

受動喫煙に対する意識がまだまだ低いと言わざるを得ません。

 

確かに最近では喫煙が出来ない飲食店も多くなってきましたが、それでもバーやレストランではまだまだタバコを吸えるところは多いです。

 

外国人が日本に来た時に驚くのは、バーやレストランの店内で気軽に喫煙できることだそうです。

 

タバコもどんどん増税が進んできて、分煙ももっと進めば、より健康的な日本になっていくことは間違いないのですが・・・。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す