.

健康なお肌って一体どんな状態のこと?5つの条件を徹底解剖!

 

忙しかったり、食生活が乱れたり、ストレスをためてしまったりと、毎日の生活でお肌に良くないことってありがちですよね。

 

そんな中でも、「トラブルのないお肌になりたい!」と思ってはいても、健康なお肌って一体どのような状態を指すのでしょうか?

 

やはり目指すのは健康なお肌です。お肌が根本から健やかな状態というのは、そもそもトラブルを寄せ付けない強いお肌のことです。

 

また、健康なお肌を保ち続けることは、肌老化のスピードを遅らせるということに繋がります。

 

今回は、健康なお肌とはどのような状態なのかをご紹介します。

 

1・水分と油分のバランスが良いか?

 

潤っていることは、健康なお肌の条件と言えますが、この潤いのもとになるのが水分で、それをキープするのが油分です。

 

水分とは、角質に含まれる水分量のことで、約20%が理想の値とされています。油分は、皮脂、表皮の隙間を埋めるセラミドなどの細胞間脂質、角質の中で水分を貯めこむNMFの3つのことを指します。

 

NMFとは、角質の中で水分を貯めこむ素である天然保湿因子のことで、これはコレステロールやセラミドなど表皮の隙間を埋める細胞間脂質を生成します。

 

これらがバランスよく含まれることが大切なのですが、残念ながら数値では表すことは出来ないそうです。

 

角質の水分量が20%より低下すると、お肌は乾燥に傾きます。水分量が減る原因の一つに加齢があり、水分量は生まれた時がピークで、あとは減る一方なのです。

 

そのため、年齢を重ねるほどお手入れが必要になって行きます。さらに、10%以下になると完全なドライスキン状態になり、随分も油分も、その両方が不足している状態のことを指します。

 

これは、きめの溝が浅く乱れてしまったり、毛穴が小さくて目立たないという特徴があります。逆にオイリースキンの人は、皮脂の量とともに角質の水分量が多く、毛穴が比較的多くてキメが粗く見えがちです。

 

お肌がテカって見える原因は、皮脂の過剰分泌ですが、それだけではなく、キメの乱れも影響します。一方、キメが浅いと、一見つるんとしたお肌のように見えますが、キメが粗い人以上に皮脂によりギラッとしたように見えてしまいます。

 

水分量と油分の量がバランスよく整ったお肌では、光を自然に反射して、滑らかなツヤ肌に見えます。

 

2・お肌のキメが整っているか?

 

キメは、皮溝と呼ばれる谷と、皮丘と呼ばれる山で成り立っています。キメが整うとは、皮溝が深く、皮丘がふっくらとしていて、皮溝と皮丘との落差が程よくある状態のことを指します。

 

さらに、お肌全体が皮溝の大きさや密度が均一に分散されているのが健康なお肌のキメです。そもそも、人間のお肌は、母親の胎内にいる時はラップのようにピンと張った状態になっています。

 

それが猛スピードで細胞分裂を繰り返し、成長するときの急激な細胞分裂によってできたひび割れがキメになると言われているそうです。

 

キメはお肌が伸びたり縮んだりするための柔軟性があることの証です。そのため、キメが均一に整ったお肌は、柔軟性があって、潤いを保持する力が高い証拠と言えます。

 

キメが乱れて、フラットになったお肌は、柔軟性が失われ水分をキープする力が無くなってしまいます。キメが乱れる原因は、年齢を重ねるごとに角質が厚く硬くなって、皮溝ができにくくなることも一つの原因になります。

 

対策としては、潤いを与えるケアが大切です。

 

3・お肌に弾力があるか?

 

弾力とは、元に戻ろうとする力で、触れた時に跳ね返そうとする力を感じられるのが弾力のあるお肌です。

 

弾力のないお肌は、跳ね返す力が弱いため、寝癖などが付きやすく、重力にも逆らえません。そのため、弾力を失って下方向へとたるんでゆきます。

 

お肌の中で弾力を作っているのが、真皮や皮下組織と筋肉で、それぞれある程度の硬さやハリがあることが理想です。

 

特に弾力と深くかかわっているのが真皮で、コラーゲンやエラスチンといった繊維成分と、それらを生み出す繊維芽細胞、そして周りを埋めるゼリーのようなグルコサミノグリカンやプロテオグリカンなどの基質で構成されています。

 

その中でも、網目状に張り巡らされたコラーゲンと、その束をばねのように支えているエラスチンが弾力を担っています。これらが高密度に存在することで、繊維芽細胞は新たにコラーゲンやエラスチンを生成し、弾力のあるお肌にしてくれます。

 

4・ターンオーバーが正常に働いているか?

 

ターンオーバーとは、表皮がどんどん新しい細胞に入れ替わっていくことを指します。

 

表皮と真皮の間にある基底層で生まれた角質細胞と呼ばれるケラチノサイトが、お肌の表面に向かって上がってくるにつれ、姿や役目を変えてゆき、最終的には角質細胞となって剥がれ落ちます。

 

この自然に剥がれ落ちるまでの周期が28日前後だと言われています。常に健康で健やかな細胞でのお肌の表面がおおわれているのが理想的な状態です。

 

しかし、この周期は年齢やホルモンのバランス、紫外線などによって大きく左右されてしまいます。一般的に20歳前後をピークとして28日周期から、どんどん低下していくと考えられています。

 

すると、水分を抱え込む力が低下し、古い角質が表皮に溜まりやすくなってしまうことで、お肌が乾燥したり、シミやくすみが発生したりすると言われています。

 

5・栄養が十分に行き届いているか?

 

お肌の素になるのが、何といっても食べ物です。摂取した栄養が血管を通って、お肌の隅々まで運び、要らなくなった老廃物を回収することで、お肌の細胞はすくすくと育ちます。

 

そのため、お肌の細胞は食べ物からできていると言っても過言ではありません。もし、栄養が不足していたり、血液の流れが停滞したりすると、細胞はエネルギー不足できちんと育ってはくれません。

 

まずは、正しい食事を心がけて、その栄養が十分めぐるように血行を良くすることが大切です。

 

体温が36~37度であると、血液の循環は良い状態だと言えます。マッサージも効果的ですが、重力に逆らって血を巡らせるには筋肉によるポンプ作用がとても重要です。

 

適切な筋肉量を保持することは、健康なお肌にとっても必須なのです。

 

さいごに・・・

 

お肌の老化スピードを加速することは、ダメージの修復が追いつかなくなることを指します。

 

お肌が老化すると、嫌でもシミやシワ、たるみなどが出現します。人間は年を重ねるにつれて様々な機能が低下してゆきます。

 

しかし、前述したことを基本として、日々のUVケアや保湿ケア、そして食事の内容に気を配ることで老化の進行は遅らせることができると言われています。

 

年齢を重ねるにつれて迎えるお肌の状態をきちんと把握して、老化サインの出現を遅らせましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す