.

これだけは避けたい!お肌に悪影響な内的な要因とは?

 

健康なお肌を作るのを邪魔する、お肌の大敵とはどんなことかご存知ですか?

 

敵というと、体の外からのものに目が行きがちですが、実は内側にも潜んでいます。しかも、知らず知らずのうちに蓄積してゆき、お肌に大きなダメージを与えるものばかり。

 

何気なく過ごしている日常に潜んでいる毎日の生活を見直してみましょう。

 

今回は、そんなお肌に悪影響を及ぼす要因についてご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

肌に悪影響な内的な5つの要因

1.活性酸素

私たちが生きてゆく上で大切な酸素。

 

しかし、酸素は紫外線やたばこ、ストレスなどをきっかけにしてスーパーオキシドアニオンやヒドロキシルラジカルと言った活性酸素に変化することがあります。

 

お肌が酸化するということは、つまりお肌がサビてしまうということ。活性酸素が増えると、お肌本来の働きができなくなるうえ、老化も加速させてしまう結果に繋がります。

 

お肌が、活性酸素のダメージを受けると、もともとの正常な働きが鈍ったり役目を果たさなくなってしまい、シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが現れます。

 

健康なお肌と体を保つためには、活性酸素から細胞を守ることが大切です。

 

2.栄養不足

お肌を作る素は食べ物です。間違った食生活では、美肌にはなれません。

 

私たちの体は沢山の栄養から成り立っていますが、その細胞が健やかに育つためには基本的に食事からしかとることができません。

 

肌、筋肉、内臓などあらゆる機関の原料となる栄養は、良質のたんぱく質はもちろん、そのタンパク質を健康な細胞に変えるビタミンやミネラル、抗酸化物質も大切です。

 

細胞を作るうえで必要なエネルギーとなる糖質などの炭水化物も適切に摂取したところです。お肌の自然な潤いを守るために、お肌の表面に薄い膜を作る脂質も必要です。

 

健康なお肌のためには、炭水化物(玄米、米など)、脂質(オリーブ油、ごま油など)、たんぱく質(卵、肉類など)、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂取しましょう。

 

何かが不足してしまうと、バランスが崩れて健康なお肌は作られません。

 

3.ストレス

ストレスは、体に必要な酸素を有害な活性酸素に変えてしまいます。さらに、体はストレスに打ち勝とうとして、副腎皮質ホルモンを多く分泌します。

 

副腎皮質ホルモンは、もともと炎症などを抑える働きがあるため、ストレス対策に多く使われてしまうと、お肌に炎症が起きやすくなってしまいます。

 

また、ストレスは女性ホルモンにも悪影響を与えやすいので、水分とつ分のバランスが乱れて乾燥しやすく、ニキビができやすい状態になります。

 

気分転換や運動などで適度にストレスを発散して、ストレスを溜めない様にしましょう。

 

4.血行不良

細胞の一つ一つに栄養がいきわたってこそ、健康な細胞は育ちます。その栄養の運搬役である血液がスムーズに流れていくことが大切です。

 

停滞してしまうと、細胞に栄養が運ばれなくなり、お肌は荒れてしまいます。

 

また、血行が悪いと、血の気がなく、青白い顔に見えたり、正常なターンオーバーが行われずに古い角質が表皮に溜まってくすみの原因にもなります。

 

女性に多い原因としては、冷え性の他、運動不足による筋肉量の低下など、血液を循環する力が弱まることがあげられます。

 

5.睡眠不足

睡眠中には、成長ホルモンという皮膚の損傷を修復する作用のあるホルモンが分泌され、日中受けたお肌のダメージを修復するという役割があります。

 

睡眠時間が不足すると、その修復機能が十分に働くことができずに、細胞にダメージが残ってしまいます。

 

また、細胞を活性化させて生き生きとしたお肌に導くための成長ホルモンは、体内時計の影響を受けるため、不規則に睡眠をとるとうまく分泌してくれません。

 

毎日6~7時間は規則的に睡眠を摂ることが大切です。さらに、寝る前のパソコンや携帯は、脳が刺激されて快眠の邪魔をするので避けたほうが良いですね。

 

さいごに

 

この他にも、炭水化物は必要な栄養素のひとつですが、摂りすぎは糖化しやすくなります。例えば、ステーキを焼くと赤色から褐色に変化しますが、これがまさしく糖化の一例です。

 

お肌が酸化すると、弾力を司るコラーゲン組織が変性してしまい、柔軟性を失って硬くなります。また、酸化の際にできる物質は黄色いため、糖化は黄色くくすんでしまう原因にもなります。

 

お酒や甘いものは適度に摂るようにここがけることも大切です。お肌に悪影響を及ぼす内因的な要因について心当たりはありませんでしたか?

 

これらを少しずつ排除していくことで健康なお肌は作られていきますので、日常生活を少し見直してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す