.

余った豆板醤(トウバンジャン)を使った簡単レシピ

2016-12-07_165123
出典:https://www.amazon.co.jp

 

ジャージャー麺やマーボー豆腐、炒めものなどに使われる豆板醤(トウバンジャン)ですが、意外とそれ以外の使い道が思いつかないという方は少なくないのではないでしょうか。

 

余らせてしまう調味料としては、かなり上位を占めている豆板醤。冷蔵庫な片隅でカピカピになるまで眠ってはいませんか?

 

使う量は少量なのに、買うときには管理大きなビンに入っていることが多いですよね。そのため、なかなか減らないのも原因のひとつです。

 

ピリリとするその食感が、また食欲をそそる調味料でもあるので、ぜひこの機会に使い方をマスターしてみましょう。

 

スポンサーリンク
 

豆板醤とは?

 

豆板醤とは、ソラマメで作った味噌にトウガラシなどを加えた中国発祥の調味料です。

 

豆板醤は100g当たり60kcalで、塩分含有量が多く、辛みと塩味が強いのが特徴です。

 

四川省で多く作られており、マーボー豆腐には欠かせない調味料ですね。

 

しかし、使う量が少ないので、マーボー豆腐以外の料理だと何に使えばよいのやらと考え込んでしまいがちです。

 

でも、発酵調味料ならではの「コクとうまみがある唐辛子みそ」と思えば、少し見方が変わるはずです。

 

ほんの少し入れるだけで、何でもピリ辛になるので、納豆やみそ汁、うどんなどでも相性が良いのです。

 

いつもの味に変化をつけたかった理、辛いものが食べたいときなどにはかなりおすすめの調味料です。

 

独特の赤い色も、食欲をそそりますね。

 

豆板醤を使った簡単レシピ

大根の辛み和え

材料/2人分

大根:(皮をむいていちょう切りに)7cm

塩:小さじ1/2

 

ソース(混ぜ合わせる)

豆板醤:小さじ1

ごま油:大さじ1

 

作り方

1. ボウルに大根を入れ、塩を加えて軽くもみ、2~3分置いて水を出す。

 

2. 大根がしんなりしたら、軽く水洗いして水気を飛ばし、ソースとよく混ぜ合わせる。

 

ハリハリのだいこんと、ピリリとした豆板醤の辛みでご飯がすすみます。お酒のおつまみにも最適です。

 

あさりとシイタケのピリ辛炒め

材料/2人分

シイタケ:(薄切り)3枚

玉ねぎ:(薄切り)1/4個

あさり:(塩抜きする)30個

酒:1/4カップ

塩:少々

豆板醤:小さじ1

サラダ油:大さじ1

 

作り方

1. フライパンにサラダ油を中火で温め、シイタケと玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたら豆板醤を加えてサッと炒め合わせる。

 

2. あさりと酒を加えて蓋をして、あさりの口が開くまで蒸し焼きにする。

 

3. 味を見て足りなければ塩で整え、汁ごと器に盛りつける。

 

辛さはお好みで調節することができるので、味が足りなかったら、塩の代わりに豆板醤をつけ足しても良いと思います。これは、間違いなくおいしい一品です。

 

ピリ辛かまたまうどん

材料/1人分

うどん:Ⅰ玉

卵:1個

ソース

豆板醤:小さじ1/2

オイスターソース:小さじ1

ごま油:小さじ1/4

すだちまたはレモン:適量

 

作り方

1. どんぶりに卵を割りほぐし、ソースを混ぜておく。

 

2. 鍋に湯を沸かし、うどんを茹でる。ゆであがったらザルに上げ水分をしっかりと切る。

 

3. うどんが厚いうちに1のどんぶりに加えて、手早くかき混ぜる。

 

4. すだちかレモンを絞っていただく。

 

ピリ辛のかまたまは、夜食や少し小腹がすいた時などにもおいしくいただけて、簡単に作れるので便利です。

 

さいごに・・・

 

豆板醤は、辛さが強く甘みはほとんどありません。

 

とても辛いので、ピリ辛料理をする際には味噌としてひとさじ加えるとアレンジが聞いていいかもしれません。

 

今回ご紹介したレシピは、どれもとても簡単なので、手軽に作ることができると思います。

 

赤い色が食欲をそそり、その辛さで体も温まるので、満足のいく食事ができると思います。

 

とてもおいしいので、豆板醤を冷蔵庫の中で眠らせておくのはもったいないです。

 

冷蔵庫の片隅で眠っている豆板醤がある方には、とてもおすすめのレシピばかりです。

 

ぜひ、毎日の食事のレシピに付け加えてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す