.

オイスターソースの使い道は炒めものだけじゃない!簡単レシピをご紹介

2016-12-08_135921
出典:http://item.rakuten.co.jp

 

牡蠣のうまみがたっぷりと含まれたオイスターソース。炒めものに使うと簡単に味が決まる優れものですね。

 

なんでも本格的な中華の味になるので、とても便利な調味料ですが、やはり炒めもの以外の使い道が思いつかないのが悩ましいところでもあります。

 

しかし、牡蠣のうまみが溢れる万能ソースとしては、実は中華だけでなく和洋中に使うことのできる調味料です。

 

例えば、煮物やスープに使うと、深いコクが出て出汁がいりません。牛乳や豆乳と一緒に使っても味がまろやかになりますし、パスタに使ってもおいしくいただけます。

 

程よいとろみが癖になり、どんな食材にもしっかり味が絡みますのでおすすめです。今回紹介するレシピはどれをとってもおいしいのでぜひお試しくださいね。

 

スポンサーリンク
 

オイスターソースとは?

 

牡蠣を塩ゆでした際に出る煮汁を、加熱凝縮してから濃度を調節して調味料を加えたものです。

 

メーカーにより風味などが異なりますが、独特の風味はアミノ酸のうまみを引き出していてコクがあっておいしい調味料のひとつでもあります。

 

広東料理など中華料理でも広く使われています。炒めもの、煮込み料理など幅広く使われている調味料です。

 

パパッと簡単オイスターソースレシピ

豆乳チャウダー

材料/2人分

あさり(塩抜きする):15個

ジャガイモ(一口大にカット):1個

酒:大さじ1

水:1カップ

豆乳:1カップ

オイスターソース:大さじ1

細ネギ(小口切り):1~2本

塩:少々

 

作り方

1. あさりは殻に塩をまぶしてこすり合わせるようにして洗い、水で良くゆすぐ。水気を切って鍋に入れ、水、サケを加えて強めの中火にかけて、あさりの口が開いたら一旦取り出しておく。

 

2.1のスープにジャガイモを加えて柔らかくなるまで煮る。串がスッと通るくらいになったらオイスターソースを入れ、豆乳を加え弱火で温める。そこへあさりを戻す。

 

3.味を見て塩で整えて、器に盛って細ネギを上から散らす。

 

豆乳とオイスターソースのうまみがあっさりとしたクラムチャウダーです。あさりによってうまみが増している一品です。

 

えびの春雨

材料/2人分

えび(中):6尾

玉ねぎ(薄切り):1/4個

生姜(千切り):1/2かけ

春雨(乾燥、水につけて戻す):60g

酒:大さじ1

ごま油:大さじ1

ソース

牛乳:1/2カップ

水:1カップ

鶏がらスープの素:大さじ1

オイスターソース:大さじ2

醤油:小さじ2

香味野菜(ざく切り):少々

 

作り方

1.えびは尾を残して殻をむき、背ワタを取っておく。

 

2.フライパンにごま油を熱し、1のエビを並べて強火で両面を焼く。色が変わったら酒を振りかけて、水分を飛ばす。そこへソース、玉ねぎ、生姜、春雨を加え蓋をして中火で蒸し煮にする。

 

3.春雨がスープを吸って柔らかくなったら蓋を外し、強火にして余分な水分を飛ばす。

 

4.器に盛って香味野菜を散らす。

 

エビとオイスターソースのエキスがぎゅっと詰まったまろやかな春雨です。

 

鶏肉と青梗菜の煮物

材料/2人分

鶏もも肉(一口大にカット):約350g

青梗菜(ざく切り):1株

ソース

しょうが(千切り):1/2かけ

酒:大さじ2

水:1.5カップ

オイスターソース:大さじ4

塩:少々

水溶き片栗粉:適量

ごま油:小さじ1

 

作り方

1. 鍋にソースを入れて強火にかける。沸騰したら鶏肉を加えて、悪を救いながら弱火で10分煮る。

 

2. 鶏肉に日が十タラ、青梗菜を加えてサッと煮て、塩で味を調える。

 

3. 水溶き片栗粉を少しづつ加えてとろみをつけ、仕上げにごま油を加えて混ぜる。

 

オイスターソースがいいダシになって、お手軽な煮物が完成します。とろみのついたスープがまたおいしい一品です。

 

さいごに・・・

 

オイスターソースは、大人も子供もおいしくいただける人気の調味料です。

 

炒めものなどで焼いてもよし、また煮物やスープなどで煮ても良しと何にでも使えて、意外と万能な調味料なのです。

 

使い方に困ることはあっても、コツさえつかめば、いつでも簡単に加えることができて重宝します。

 

ここで紹介したものは簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す