.

ラー油の使い道に困ったらコレ!ラー油の作り方と簡単レシピ

2016-12-08_143029
出典:http://item.rakuten.co.jp

 

餃子には欠かせないラー油ですが、では餃子以外に何に使ったらよいか悩ましいところでもあります。

 

以前は、ご飯にかけて食べる、「食べるラー油」なるものが流行りましたが、やはり一品料理のおかずとしてしか使い道がありませんでした。

 

ラー油はまさに、〇〇にしか使わない調味料の代表格のような存在です。

 

小さなビンなのに、全然減らない調味料としてのイメージを一旦忘れて、いろんな調味料と合わせて料理に使って見ると、意外と新しい世界が広がります。

 

今回は、自分で作るラー油のレシピと、ラー油を使った簡単レシピについてご紹介します。

スポンサーリンク
 

ラー油とは?

 

ラー油とは、ごま油に赤トウガラシなどの個診療を加えて熱し、辛みや風味、赤い色などを移した調味料です。

 

中国では、小瓶にラー油を作った時に出る焦げたトウガラシなども一緒に入れてあるので、それらをすくって食べるのが一般的です。

 

中国のものは香りが強く、むせかえるような辛みがあるのに対し、日本のものは辛さを控えめにしたものが多いです。

 

具入りのラー油は中国には古くからあるものなので、輸入物には具入りラー油は存在します。

 

自宅で簡単手作りラー油

 

実は、ラー油って自宅で簡単に作ることができるってご存知でしたか?

 

売られているものと違い、辛さを調節できるので、市販のものに物足りなさを感じている方は、ぜひ作ってみることがおすすめです。
また、食べるラー油もアレンジ次第で作ることが可能です。

 

ラー油を自宅で作ることはそれほど難しくない上に、何より上質のラー油を作ることができるのでぜひ試してみてくださいね。

 

材料 100ml

A

ネギ:2g

生姜:2g

水:大さじ1

B

粉末赤唐辛子:10g

粗めの粉唐辛子:5g

ごま:大さじ1

ごま油:100ml

トウガラシ 2本

C

花椒:少量

八角:少量

ケイヒ:少量

陳皮:少量

セロリ:2g

 

作り方

1. ネギと生姜を水大さじ1の中で軽く揉んでおきます。この時揉んだ水は捨てないでください。

 

2. Aをよく混ぜ合わせ、1の水を加えて混ぜておきます。

 

3. 深めのフライパンにごま油を入れて中火にかけ、まだ温度が低いうちにトウガラシ2本を半分に切って加えます。そこへさらにCを入れ、ゆっくりと混ぜ合わせながら油に風味を移します。これらの素材は、焦げる前に網などでキレイに取り出します。

 

4. 残った油を強火にかけ、そこに、2を加えて混ぜ合わせます。すべて混ぜ合わさるようにかき混ぜて出来上がりです。

 

ポイントは、火を止めた後余熱でしばらく置いておくと、辛み成分が抽出されて辛いラー油ができます。

 

また、トウガラシは種まで入れると辛み成分が増します。加熱しすぎるとトウガラシの苦み成分が出てしまうので注意が必要です。

 

意外と簡単にサッと作れるものなので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

ラー油を使った簡単レシピ

ラー油ナッツ

ミックスナッツ(有塩) 80g
A

ラー油:小さじ1

はちみつ:小さじ1.5

作り方

ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、ナッツを加えて和えれば出来上がりです。

 

甘くて辛い、後を引く味です。お酒のおつまみにどうぞ。

 

ささみと高菜のチーズ和え

材料2/人分

鶏ささみ:2本

刻み高菜:大さじ2

A

クリームチーズ:60g

ラー油:小さじ1

 

作り方

1. ささみは酒を少々加えたお湯でゆで、粗熱を摂った後食べやすい大きさに手で割く。

 

2. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、1と刻み高菜を加えて和える。

 

3. 器に盛って出来上がり。

 

淡泊なクリームチーズに辛みが加わって、パンによく合うおかずのサラダになります。

 

ピリ辛納豆

材料2/人分

納豆:2パック

ネギ(小口切り):1/2本

A

ナンプラー:小さじ1

ラー油:小さじ1/2

砂糖:一つまみ

 

作り方

1. 納豆をボウルに空けAを加えてサッと混ぜ合わせる。

 

2. ネギを加えて混ぜ合わせ、器に盛ってできあがり。

 

ご飯や豆腐に載せたり、春巻きの皮で包んで揚げたりしても重宝する一品です。

 

季節によっては、オクラやミョウガ、ショウガなどを加えてもおいしくいただけます。

 

さいごに

 

このほかにも、そうめんやお蕎麦に軽くたらせば、一気に中華風になっておいしくいただくこともできます。

 

炒めものに一さじ加えても、風味が増して一層おいしくいただけます。

 

餃子にしか使えないと思っているラー油でも、少し見方を変えれば、意外と使い勝手の良い調味料です。

 

また、手作りすれば、市販のラー油とは全く違った風味が楽しむことができて、とても重宝しますし、冷蔵庫に入れて保存することも可能です。

 

食卓を、少し贅沢なものにする調味料でもありますね。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す