.

筋肉痛の簡単な治し方!ふくらはぎや太ももが痛すぎる!

2015-04-28_182229
PHOTO by tibchris

 

筋肉痛の治し方なんてあるわけがないと思ってませんか?

 

辛いふくらはぎや太ももの痛み・・・しかし、筋肉痛は自然に治るのを待つしかない・・・と諦めてしまいがちなものです。

 

確かに、筋肉痛を治すにはある程度の時間が必要ですが、その時間を短縮できる方法はあります。

 

痛みから少しでも早く解放されるために、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

筋肉痛の原因

 

そもそも、なぜ筋肉痛になるのでしょうか。

 

人間は、筋肉を使う時、エネルギー源となる糖分が分解されます。

 

その際、乳酸という疲労物質が発生し、これが蓄積されることにより筋肉が硬化して、筋肉痛を引き起こします。

 

また、激しい運動によって筋繊維が断裂を起こすことがあり、その炎症によって痛みが出ることもあります。

 

筋肉痛を和らげるには・・・

 

筋肉痛の時は、安静にして、筋肉が修復されるのを待ちましょう。

 

運動をすると、更に筋肉の損傷を招いてしまう恐れがあるので、なるべく控えるようにしてください。

 

筋肉が硬化して張っているような場合には、血流を良くして、硬化をほぐしてあげるようにすると良いです。

 

ぬるま湯につかって体を温め、筋肉痛を起こしている部分を軽くマッサージしてみましょう。あまり強くせず、さする程度にしてください。

 

温冷浴が効果的

 

温冷浴にも、血流を良くする効果があります。熱いお風呂と水風呂に1分ずつ、交互につかって体に刺激を与えます。

 

水風呂が無理なら、冷たい水でシャワーを浴びせても効果があります。最後は、水風呂もしくはシャワーで終わるようにしてください。

 

温冷浴は、冷水で筋肉の炎症をおさえ、お湯につかることで筋肉をリラックスさせることができます。

 

更に血流を良くすることで、乳酸などの疲労物質が体外へ排出されやすくなり、筋肉痛の回復を早めてくれます。

 

ただし、心臓に負担がかかりますから、高血圧の方にはおすすめできません。また、痛みが激しい場合には、血流を良くすると炎症がひどくなる恐れがあるので、控えるようにしてくださいね。

 

痛みが強い時は、アイシングで血流を抑制すると、炎症を和らげて痛みを軽減することができます。

 

スポンサーリンク

筋肉痛の回復を助けてくれる栄養素

 

そのほか、筋肉痛を早く治すためには、効果的な栄養素を積極的に摂取することも大事です。

 

タンパク質は筋肉を作ってくれる栄養素ですから、しっかり摂取することで、損傷した筋肉の回復を早めることができます。

 

疲労回復に良いと言われるクエン酸は、乳酸の生成を抑えてくれる働きがあるので、筋肉痛にも効果があります。なお、ビタミンB1を多く摂取すると、運動時に糖分が効率的にエネルギーに変わるので、乳酸が蓄積されにくくなります。

 

そのため、ビタミンB1は筋肉痛の予防に効果があるのですが、運動した直後に摂取しても、筋肉痛が残りづらくなります。

 

豚肉がおすすめ

 

豚肉はタンパク質とビタミンB1を共に含んでいますので、おすすめの食材です。

 

筋肉痛が辛い時には、豚の生姜焼きなんていかがでしょうか。

 

疲労回復には睡眠も大事

 

必要な栄養素をしっかり摂ったら、筋肉の疲労回復には睡眠も大事です。

 

寝ている時に多く分泌される成長ホルモンが、損傷した筋繊維の修復を助けてくれますから、きちんと睡眠をとるようにしてくださいね。

 

まとめ

 

筋肉痛の治し方について解説しました。

 

入浴の仕方やマッサージ、効果的な栄養素など、筋肉痛の回復を早める方法っていろいろあるので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す