.

短気な人の特徴や上手な接し方や付き合い方

 

短気な人って、付き合うのが難しくて大変ですよね。

 

すぐに怒り出す短気な人は、ついつい敬遠したくなる相手です。しかし、職場での付き合いなど、どうしても避けられない場合もあります。

 

そんな時、短気な人と上手に付き合っていくにはどうしたら良いか、接し方や短気な人の特徴についても紹介します。

 

短気な人ってどんな人?

 

短気な人にはタイプがあって、怒ったらすぐに言葉に出していろいろ言うタイプと、黙って怒りを溜め込むタイプに分かれます。

 

いろいろ言われるのは嫌ですね。特に、自分は悪くないのに八つ当たり気味に文句を言われたりすると、こちらもイライラしてしまいます。黙って怒りを溜め込むほうも、イライラしていることは伝わりますから、気になって仕方ありません。

 

逆にハッキリ言ってもらったほうがスッキリするのに…と思ってしまうこともしばしば。とは言え、「何か怒ってる?」とでも言おうものなら、余計にイライラさせてしまうのが目に見えています。

 

どちらのタイプにしても、怒りの沸点が低いのが特徴ですから、ちょっとした一言が短気を引き起こす引き金になってしまうのです。少しでもプライドを傷つけられたり、軽んじられていると感じたら、短気な人は怒り出します。

 

スポンサーリンク

短気な人と上手に接するために

 

そんな困った短気な人とは、こちらが少し大人になるつもりで接するようにしてあげましょう。まず、話しかける前に、あらかじめ謝っておくと効果的です。

 

「忙しいところごめんね、ちょっと相談なんだけど…」「手を取らせてごめんなさい、○○してもらっても良いですか?」

 

こんな風に前置きすると、相手も話を聞き入れざるを得なくなり、怒りにくくなるのです。なんで悪くもないのに謝らないといけないのか?という疑問は、この際置いておきましょう。

 

イライラされて不快な思いをするよりも、一言謝っておくほうが楽ですからね。

 

とにかく相手に同意してあげる

 

また、短気な人が怒り出したり、怒りそうだなと感じたら、とにかく相手に同意するようにしてください。

 

「そうですよね」「その通りだと思います」と、適当な相槌で良いので、相手の言葉を肯定しましょう。

 

そうすると、相手も少し落ち着きますから、改めてこちらの話を進めることができますよ。場合によっては、一度話を切り上げて、出直すようにしてくださいね。

 

割り切って大人の態度で接する

 

短気な人と付き合うためには、ちょっとしたコツと忍耐が必要なのです。

 

大変ですが、「この人はこういう人」と割り切って、大人の態度で接するように心がけましょう。

 

それに、短気な人って完璧主義でまじめな人であることが多いので、きちんと付き合うと良い関係が築けたり、仕事の成果も上がることが期待できます。

 

短気な人の特徴を把握して、上手な接し方を身につけることができれば、出世につなげることもできるかも!?

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す