.

お肌の潤いを保つバリア機能アップには基本ケアが大切です

 

暑さ・寒さなどの外的刺激や紫外線から、お肌が荒れたりシミができやすくなったりという症状が加速されます。

 

一年を通してお肌は、そんな外的要因にさらされ続けていますが、潤いをたっぷり抱えてキープしているお肌は、健やかで強いものです。

 

お肌の潤いを守るチカラは、バリア機能を高めることにあります。

 

バリア機能は、外的刺激や紫外線などをブロックして体を守る役割と同時に、内側からのお肌の潤いを逃さないようにする役割もあります。

 

お肌のターンオーバーの低下が招く、見た目の悪化と表面的な肌トラブルは、主にバリア機能の低下によるものと言えます。

 

お肌の潤いを保つバリア機能を高めて、健やかで強いお肌を作りましょう。

 

お肌のバリア機能を低下させる原因とは?

 

お肌のバリア機能を低下させる大きな原因は、乾燥によるものです。

 

つまり、潤いを守るということは、乾燥を防ぐためのバリア機能が乾燥によって低下し、どんどん潤いをキープする力が弱まり乾燥が加速されていくのです。

 

この負のスパイラルに陥ると、お肌のヒリつきや赤み、炎症と言ったより深刻な肌トラブルへとつながります。

 

また、水分を与えても、その潤いを守るバリアが無くなってしまうので、乾燥もしやすくなりますし、お肌の大敵でもある紫外線のダメージがダイレクトに肌内部に到達してしまいます。

 

それは、水分と脂分のバランス、弾力、キメなどにも深刻に影響し、シミやシワ、たるみなどを発生させて老化を早めてしまうと言われています。

 

お肌の乾燥は、空気が乾くことで起こるほか、加齢によっても進みます。赤ちゃんの頃は必要なかったスキンケアが大人になると必要になるのはそのためです。

 

さらに、洗い過ぎも乾燥を悪化させる原因にもなります。

 

メイクのスタート年齢の若年化にも伴い、クレンジングデビュー年齢も早くなっている現代、中学生でも高校生でも、メイクをするなら保湿を中心としたお手入れを始めるべきだと言われています。

 

バリア機能とは?

 

バリア機能の中でも、潤い保持を主に担っているのが、皮脂膜とNMF(天然保湿因子)、そして細胞間脂質と呼ばれる部分です。

 

これは、表皮の中でも一番外側の角質層に当たる部分を指します。

 

皮脂膜は、皮脂と汗が混ざったもので、お肌に天然の保湿膜を形成し、お肌の中から潤いが逃げるのをセーブしています。

 

また、角質層内にあるNMF(天然保湿因子)は、潤いを抱え込んでキープする役割を果たしています。

 

そして、細胞間脂質は、セラミドやコレステロールなどから形成され、幾重にも重なる細胞の間を埋めて水分が逃げるのを防いでくれています。

 

さらにセラミドには、水分を抱え込む力があると言われています。

 

NMFは、お肌の潤いを守る役割がありますが、顔を洗った時などに流出しやすい性質を持っています。

 

そのため、バリア機能がしっかりとしていれば、流出は防ぐことができますが、バリア機能が低下すると、より乾燥を早めてしまいます。

 

バリア機能をアップさせるには?

 

バリア機能を高めるために欠かせないのが保湿です。保湿とは、1水分を補う、2細胞間脂質を補う、3油分で蓋をするという3つの役割を指します。

 

つまり、水分と油分を肌に塗る、ということです。化粧水で水分をたっぷり与えるだけというのは保湿としては不十分です。

 

セラミドやコレステロールと言った角質間細胞の脂質やその生成を促す成分が入った化粧品選びから始めるのが良いでしょう。

 

水分を抱えても逃がさない力を強化していくことは、きちんと保湿ケアすることの第一歩。水分、油分のバランスの整った健やかなお肌を目指しましょう。

 

基本のお手入れ方法

 

化粧品を聞かせるためには、正しい順番でつけることが大切です。水分と油分をつけさえすればいいかというと、そうではありません。

 

基本は、お風呂上りや洗顔直後はまず、水分である化粧水から先につけていきます。

 

洗顔直後につける化粧水は、水分が肌全体にいきわたり、次に使うアイテムが浸透しやすくなります。

 

次に、化粧水よりは油分が多く、乳液などよりは油分の少ない美容液をつけます。

 

最後に、与えた潤いをキープするために蓋をする乳液やクリームなどを使用しましょう。

 

何種類かの化粧品を重ねる倍胃に葉、油分の少ないものから使用し、クリーミィーなものは最後にするのがおすすめです。

 

メーカーによっては、指定の使用方法が異なりますので、セットで購入するなどする場合には、指示に従いましょう。

 

さいごに

 

お肌のお手入れはいろいろと面倒だと思う方もいると思いますが、この基本さえ取り入れれば、お手入れは簡単に済ませることもできます。

 

乾燥などで、お肌のトラブルが多い方や、敏感肌の方も、これらの基本を押さえてしっかりとした保湿を保つようにすると、健やかで強いお肌をキープすることができるでしょう。

 

日常的に取り入れる工夫をして、バリア機能改善ことがしてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す