.

健康な細胞を作る素肌力のQ&A3つまとめ

 

素肌力で根本からお肌を作るチカラとは、健康な細胞を作ることで達成されます。

 

細胞レベルでプログラミングされた機能を最大限発揮させるために必要なことは何なのでしょうか?

 

素肌力に関する疑問について、ターンオーバーや細胞コスメ、食事に関することについて調べてみたのでご紹介したいと思います。

 

細胞を元気にすることが素肌力を高めるためには大切ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Q1.私たちのお肌はどう入れ替わっているのでしょうか?

 

表皮のベースは、真皮と表皮の境目である表皮幹細胞と呼ばれる、基底層の下の部分です。

 

ここから基底細胞と呼ばれる表皮が生まれ、表皮に向かって新たにできた基底細胞によって押し上げられてきます。

 

表面に上がってくると、最終的には垢となり剥がれ落ちるのがターンオーバーと呼ばれるお肌の剥がれ落ちる周期です。

 

表皮の下の真皮では、真皮幹細胞と呼ばれる部分で、肌の素となる成分が産生と分解を繰り返し、たえず新しいお肌が生まれ変わっています。

 

これらの細胞の産生能力が落ち、生まれ変わりが低下するのを老化と呼んでいます。

 

Q2.お肌のおおもとである、細胞に働きかける最新技術ってどんなもの?

 

細胞コスメ、遺伝子コスメというのを目にしている方も多いと思います。

 

これは、お肌の遺伝子に着目した細胞の修復作用を助けると言ったことをうたった化粧品のことです。

 

これらは何をしてくれるのかというと、幹細胞が分化する際に自分自身も再生することに着目して、この再生のスピードを早めることや、再生が上手にできるように手助けしたりしてくれます。

 

その結果、新しい健康な細胞が作りだせるのだそうです。

 

また、コラーゲンやエラスチンなどを分解する酵素の働きを邪魔したり、量かを抑制する長寿遺伝子に着目しものもありますが、まだまだ研究段階なのだそうです。

 

Q3.素肌力に大切な積極的に摂りたい栄養素なんですか?

 

お肌のためにビタミンを摂るという方は少なくないと思いますが、お肌の細胞を作るというのに一番必要なのは、タンパク質なのです。

 

私たちのお肌の細胞は、約20種類のアミノ酸が原料でできています。

 

また、アミノ酸はコラーゲンやエラスチンといったNMF(水分保湿因子)の原料にもなります。このアミノ酸の集合体がタンパク質なのです。

 

カロリーを気にして肉を摂らないというのは、実は大きな間違い。最近は、誤ったダイエット法や食生活が原因でタンパク質が不足しがちだと言われています。

 

タンパク質はお肌の細胞の源でもあるので、卵やンク、大豆などに含まれる良質なたんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。

 

細胞レベルで機能を発揮させるために

 

お肌は、無数の細胞でできています。そして、その一つ一つの細胞が元気でいてこそ肌本来の力を発揮することができます。

 

外的要因や紫外線などのダメージに負けないしなやかで強いお肌は、こうした元気な細胞が必要です。

 

細胞に元気が無ければ、ターンオーバーは乱れ、バリア機能も低下して、肌全体が不調になってしまいます。

 

肌表面を覆う角質は、角質細胞(ケラチノサイト)が分化した角質細胞のことで、その大本となるのは表皮の下にある表皮幹細胞です。

 

表皮幹細胞は、表面に上がるにつれ基底細胞に変化し、自分自身のコピーを作りだします。そのため、この表皮幹細胞はこの再生を繰り返し行います。

 

さらに基底細胞は、角質細胞へと変わっていく初めの段階で、基底細胞に活力が無ければ、次の段階に進めずに途中で細胞間脂質がヒアルロン酸などの潤い因子を正常に作りだすことが難しくなってしまいます。

 

また、真皮には真皮細胞があり、ここでお肌のハリや弾力の素となるコレステロールやエラスチンなどの生成に関わっています。つまり、細胞自体が元気な状態を保つことが、健やかなお肌の基礎となるのです。

 

さいごに・・・

 

お肌の生まれ変わる周期を知って、適切なスキンケアを取り入れるだけでなく、食事からの摂取も大切です。

 

それぞれ、キレイなお肌の細胞を作り上げる上ではどれも欠かせないケアになってきます。

 

日常的に少し意識の中に取り入れて、健康的で元気な細胞を作り上げることができれは、自然とお肌は元気を取り戻すことができます。

 

これらを上手に取り入れて、新しい細胞の生まれ変わりが進むとよいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す