.

抗酸化ケアを取り入れて健康なお肌を育てましょう!

 

抗酸化ケアとは、活性酸素によって受けたダメージを修復するケアのことです。

 

活性酸素は、酸化力が強力な酸素のことで、本来は外部の刺激から体を守る働きのある、人にとっては味方のものです。

 

しかし、その防御力があまりにも強すぎるために、増えすぎると細胞を傷つけてしまうこともあります。

 

細胞にとっての酸化とは、すなわち老化とイコールである関係です。抗酸化ケアを取り入れて、老化を抑えるケアを取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
 

抗酸化ケアとは?

 

健康な細胞を育てるためには、何より食事が大切です。

 

細胞の材料になるたんぱく質やそれを肌に変換するためのエネルギーとなる炭水化物、健やかな肌を作り上げるビタミンやミネラル、潤いの源となる脂質ンバランスをよく摂ることが必要です。

 

それと同時に、細胞にダメージを与える大敵である外的要因の紫外線と、内的要因の活性酸素から肌を守る必要があります。

 

紫外線は細胞の核に傷をつけ活性酸素を発生させます。そして、活性酸素は細胞をサビさせるだけでなく機能自体を狂わせてしまい、老化を加速させてしまいます。

 

そこで取り組んでほしいのが抗酸化ケアです。

 

ビタミン、リコピンやアスタキサンチン、ポリフェノールなどの抗酸化成分をスキンケアの際にお肌に塗ったり、食事などで取り入れたりすることで、細胞がさびるのを防ぎます。

 

また、活性酸素を発生させる紫外線をカットすることも大切です。

 

細胞に必要な栄養素を摂取しつつ、ダメージを防ぐのが正しい抗酸化ケアと言えます。

 

活性酸素のダメージをお肌に与えないようにするために

1.専用の美容液を取り入れる

 

美容液は、ビタミンA、C、E、やポリフェノール、コエンザイムQ10、プラセンタなど抗酸化作用の高い成分が配合された化粧品を使うようにしましょう。

 

直接お肌に塗ることで、お肌に発生する活性酸素を抑え、お肌の生まれ変わりをスムーズにサポートし、エイジングを防いでくれます。

 

年齢を重ねていくと、本来備わっている抗酸化力も低下するため、シワやたるみもという、全方位から老化に働きかけるエイジングケアは、美容液に多く含まれています。

 

2.UVケアで汚染物質もブロック

 

活性酸素が発生する最大の原因となる紫外線。

 

バリア機能を破壊して、メラニンの生成を促すなどお肌にとっては悪影響を及ぼすばかりの紫外線は、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするなどしてしっかりブロックしましょう。

 

日焼け止めを選ぶ際には、汚染物質もブロックできる抗酸化成分が入ったものを選ぶのも一つの方法です。

 

最新の日焼け止めにはこうした成分が含まれているものがありますので、チェックしてみてから買うのが良いでしょう。

 

3.正しい食事を心がける

 

トマトのリコピンやサケのアスタキサンチン、緑茶のカテキンなどは優秀な抗酸化物質の成分のひとつです。

 

また、抗酸化ビタミンンであるビタミンS、C、Eなどを含む野菜やフルーツなどを積極的に摂るのも効果的です。

 

また、酸化した食べ物は口にするのを避けるのも大切で、特に気をつけたいのは空気に触れるとどんどん酸化してしまう脂は避けたい食品のトップです。

 

揚げ物やポテトチップスなどのお菓子は、なるべく避けるようにした方が良いかもしれませんね。

 

亜麻仁油やエゴマ油など、体にいいとされる油も開封したら早めに使い切りましょう。

 

さいごに・・・

 

活性酸素のダメージをお肌に与えないようにするには、日々の抗酸化ケアが大切になってきます。

 

活性酸素は、シミやハリを失わせ、さらに皮膚がんのリスクも高まると言われています。

 

内的な要因としては、ストレス、喫煙や飲酒なども大きく影響していきます。

 

日々、ストレスを溜めずに食生活を見直すことを意識しながら、こうした抗酸化ケアを取り入れていくことが大切です。

 

今はいいからと安心せずに、将来のために少し意識を向けて取り組んでみませんか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す