.

カロリーダイエットは老化する?お肌への影響は?

 

最近食べ過ぎて太ってしまった、もっと痩せたいなと感じてついお手軽なカロリーダイエットに走る方も多いのではないでしょうか?

 

また、定期的にダイエットをしているという方でも、食事制限などを初めて体重だけに目を囚われてはいませんか?

 

大人の女性にとって、カロリーダイエットは老化を招く原因にもなることをご存知でしょうか?

 

若いころはそれでも体の代謝がついてきてくれていましたが、年齢と共にやはり細胞レベルでの代謝は落ちやすくなります。

 

その結果、大人になってからのカロリーダイエットは老化のリスクが伴うと言われています。大人の女性が行うカロリーダイエットの危険性について見ていきましょう。

 

カロリーダイエットが及ぼす影響

 

カロリー制限ダイエットとは、淡水化ブルや高カロリーな肉や魚などを控えて、食事量を抑えることだと思っていませんか?

 

しかし、これでは体重と共に筋肉量を落ちてしまい、バストやヒップはもちろん、笑顔を支える表情筋も衰えて、お肌はたるんでしまいます。

 

さらに、食事量が減ることで、便秘にさえなることもあります。

 

便きちんと排出されないと、毒素が巡って内臓内に吸収されてしまい、全身を巡って内側からお肌を老化させてしまいます。

 

BMIから見る影響

 

BMIが18.5以下の低体重の女性は血液中の脂肪の量も低下しがちです。

 

女性は、つややかなお肌や髪の素となる女性ホルモンの量が減少し、くすみや乾燥だけでなく、骨までもろくなってしまいます。

 

そのため、きちんと絶えないカロリーダイエットは、キレイになるどころか、女性を老けさせてしまうのです。

 

BMIの出し方

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

 

BMI指数とは、肥満度を求める計算式で、肥満度は1~4の4段階で評価します。

 

BMIが18.5以下なら、低体重・低栄養とみなされてしまい、寝たきりや高齢者に多く見られます。

 

食事でとった栄養は、内臓や生命維持に使われた残りがお肌に供給されるので、栄養失調状態では、当然お肌の状態も悪くなります。

 

きちんと食べるということは、お肌にとても影響します。

 

判定:BMI

 

普通体重=18.5~25未満

 

肥満度1=25~30未満

 

肥満度2=30~35未満

 

肥満度3=35~40未満

 

肥満度4=40以上

 

体重は見せかけだけの数字です

 

女性は体重の増減に敏感です。しかし、体重がスタイルの良さを決めるわけではありません。

 

例えば、同じ質量なら、筋肉は脂肪より1.2倍も重く、筋肉量の多いアスリートなどは見た目より大樹があるものです。

 

BMIと体脂肪を目安にしたほうが、健康的な体系を手に入れることができます。他脂肪を重視するあまり、月経が止まることもあるので注意が必要です。

 

外見はスリムでも、体脂肪は多い、隠れ肥満という方も注意が必要です。人間の体の約60%は水分であり、女性は特に月経前につきに2kg程度の体重の増加はあります。

 

そのため、体重の増減に一喜一憂せずに、体重より人が見ていて美しいかどうかを判断しながらダイエットを進めていくのが良いでしょう。

 

見た目カロリーは高いけど・・・

 

糖質は1gにつき水分を3g抱え込むため、炭水化物を抜くと水分が排出され、すとんと体重が落ちます。

 

しかし、炭水化物は食物繊維も含むため、腸内環境に悪影響が出やすくなります。

 

それより野菜などを先に耐えて血糖値が急上昇するのを抑えた食べ方をしたほうが、効率の良いダイエットになります。

 

そして、ダイエット中に欠かせないのがたんぱく質です。肉や魚、大豆、卵などをバランスよく食べ、筋肉を落とさないようにしましょう。

 

お肌の潤いを保つ良質な油(脂質)を摂ることも大切です。

 

さいごに・・・

 

ダイエットをしている方にとって、キレイになりたいというのはみんな共通した思いだと思います。

 

しかし、極端なカロリーダイエットによって、体重は落ちたけれど老け顔へと変貌を遂げてしまったら、もともこもありませんよね。

 

ダイエットも目指すは健康美です。

 

長期的な目で見たとしても、美しく健康的でいられるダイエットを実践していきたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す