.

健康な体作りとお肌に必要な副栄養素&不足するとどうなるの?

 

健康な体作りとお肌に必要な栄養は、やはり食事が基本です。食事から健康を手に入れようと思ったとき、意識しなければならないのが栄養素です。

 

3大栄養素の他に大切なのがビタミン、ミネラル、食物繊維の副栄養素です。これらは3大栄養素の代謝を助ける役割を担っています。

 

いくらいい栄養を摂ったとしても、これらが無ければ健康な体とお肌は作られません。私たちの体は、副栄養素の働きによって支えられていると言っても過言ではありません。

 

今回は、そんな副栄養素についてお話しして行きましょう。

 

スポンサーリンク
 

1・ビタミン

 

ビタミンは、3大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の代謝に関わっています。これらは、細胞を活性化させることで免疫力を上げたり、体内の血液循環を促したりと、必要量はごく微量でも、人間の生命維持に必要な栄養素です。

 

強気抗酸化作用を持つものは、シワやシミ、ニキビなどを予防委、お肌の菱化を防いでくれます。ビタミンには、水に溶けやすい水溶性のものと、油に溶ける脂溶性のものがあるので、調理する際には注意が必要です。

 

ビタミンが不足すると、3大栄養素が体内でエネルギーに変換されにくくなるため、倦怠感やイライラを引き起こしやすくなります。

 

お肌にも栄養が行きわたりにくくなってしまうため、シワやたるみ、シミと言った老化が進んでしまいます。また、肌荒れやニキビが悪化して、治りにくいといった状態になってしまいます。

 

2・ミネラル

 

ミネラルも、ビタミンと同様に3大栄養素の働きをサポートする役割を担っています。

 

骨や歯の原料となり、細胞の新陳代謝、先進に酸素を送るヘモグロビンやホルモン、コラーゲンなどの合成に関わる健康な体とお肌に欠かせない栄養素のひとつです。

 

カルシウム、亜鉛、鉄分などに代表されるミネラルは、海藻類や魚介類、そして豆類にも多く含まれています。外食が多い方は意識して摂らないと、すぐに不足してしまうため気をつけましょう。

 

ミネラルが不足すると、骨や歯、髪や爪がもろくなってしまう恐れがあります。また、貧血を起こしやすいため、体内の酸素が欠乏してお肌がくすみがちで目の下にクマもできやすいと言われています。

 

コラーゲンやケラチンの合成、ビタミンのフォローにも必要不可欠なため、魚介類を意識した食事が大切です。

 

3・食物繊維

 

食物繊維とは、体内で消化されず、体外に排出されるものの総称です。

 

腸の働きを活発にして排便を促すことは知られていますが、食物繊維には脂質と糖質の吸収を穏やかにする働きもあります。

 

そのため、血糖値の上昇を抑えて、糖質を摂るときに一緒に摂ると、肌老化やごわつきの原因となるのを防ぐ効果があります。

 

食物繊維は腸内の最近のバランスを整えたり、体とお肌に必要な3大栄養素の吸収のためにも欠かせない栄養素です。

 

食物繊維が不足すると、まず、腸の働きが鈍くなり、便秘を起こします。便が排出されないと、体に毒素がたまり、全身を巡って老化を早めやすくしてしまいます。

 

また、腸内環境が悪化することにより、せっかく取った栄養素も吸収がスムーズにいかなくなってしまうため、肌荒れや乾燥、くすみを助長してしまう結果になってしまいます。

 

さいごに・・・

 

食生活の欧米化に伴い、ビタミンやミネラルといった副栄養素の摂取量は不足しがちだと言われています。

 

3大栄養素をいくら取ったとしても、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足していては、十分に栄養が吸収してもらえません。

 

健康的な体やお肌つくりに必要な3大栄養素を十分に吸収させ反映させるためには、やはりビタミン、ミネラル、食物繊維の摂取は欠かせないものとなります。

 

ほんの少しの量でも、これらはきちんと作用してくれることが多いので、毎日の食生活に積極的に取り入れて、健康的な生活をしたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す