.

脂質を賢く取り入れ滑らかなお肌を目指しましょう!

 

私たちは毎日の食事から、無意識のうちに様々な油=脂質を摂りいれています。その脂質の中には、体に良いものと逆に悪影響を与えるものがあります。

 

健康なお肌を維持したいと思うなら、良質な脂質を摂りいれることが重要です。みずみずしいお肌は、脂質選びがカギを握っています。

 

滑らかなお肌を目指すうえで必要な、良質な脂質について探ってみましたので参考にしてみてください。

 

賢く摂りいれたい脂質とは?

 

脂質は3大栄養素の中でも、最もエネルギーを高く生み出します。

 

だから、摂りすぎは当然太りますが、それは脂質の本の一面にすぎません。

 

体内に存在する脂質は、主に中性脂肪・リン脂質・コレステロールに分けられます。

 

中性脂肪

貯蔵エネルギーとして体温を保持する役割があります。

 

コレステロール

ホルモンの母と呼ばれるDHEAを作りだし、つややかなお肌と髪を生む女性ホルモンの材料となります。

 

リン脂質

抗酸化力の高い脂溶性ヒスタミンの吸収を促す効果があり、老化を予防してくれます。

 

油(脂)の基礎知識

 

このように大切な働きをしてくれる脂質ですが、その摂り方が重要です。そこでまず、油(脂)の基礎知識を持ちましょう。

 

植物油などの常温で液体のものは不飽和脂肪酸と呼ばれ、この不飽和脂肪酸には、人の体の中で作ることができる非必須脂肪酸と、作ることができない必須脂肪酸があります。

 

この必須脂肪酸が不足すると、お肌や髪のつやが損なわれ、ホルモン分泌にも影響が出てきます。

 

但し、必須脂肪酸の中には過剰に摂取することで炎症を促進させてしまう、リノール酸(オメガ6)も含まれているので注意が必要です。脂質を上手に摂取することは、健康なお肌への第一歩なのです。

 

摂りたい油、オメガ3系の油

 

エゴマ油や亜麻仁油などのα―リノレン酸(オメガ3)には、炎症を抑え、血液をサラサラにする作用があります。

 

この油は熱に弱いので、サラダなどに直接かけて摂るのがベストです。

 

緑黄色野菜に含まれるリコピンなど、脂溶性の抗酸化成分やビタミンの吸収もアップするのでお勧めです。

 

また、悪玉コレステロール値を下げて動脈硬化を予防する効果も期待できるので、オリーブオイルなどのオレイン酸(オメガ9)も積極的に摂っていきたい油です。

 

もっと減らしたいオメガ6系の油

 

家庭や外食、加工食品などで最も多く使われているのがコーン油、ひまわり油、紅花湯などのリノール酸(オメガ6)です。

 

この油は、酸化すると炎症促進物質になりやすいため、肌荒れやアトピー、アレルギーなどを悪化させてしまう恐れがあります。

 

現代人は、オメガ6とオメガ3の摂取比率が20:1とも言われており、過剰摂取気味です。理想地である4:1に近づける努力をするのが良いとされています。

 

やめたい油、トランス脂肪酸

 

お肌のうるおいやバリア機能を保つために脂質は必要です。

 

しかし、コーヒー用のミルクや、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は、心筋梗塞や脳梗塞と言ったそう脈効果のリスクを高める恐れがあります。

 

さらには、排卵障害を引き起こす下人にもなり、不妊症の一番の原因となるため、女性にとってはトランス脂肪酸はやめたい油と言えます。

 

脂質を含む食品

 

オリーブ油、ごま油、コーン油、エゴマ油、バター、ラード、胡麻、アーモンドなどのナッツ類など

 

さいごに・・・

 

脂質は、ちょっとした心がけで摂り方の改善ができます。

 

マーガリンをバターに変えたり、普段使いの油をリノール酸からオリーブオイルに変更したりと、調理や食べる時に使う脂を変更するだけでよいのです。

 

また、食品中の素材に含まれる油を改善するには脂肪分の多い食品を避け、肉であれば赤身肉を中心に摂り、乳製品なら脂肪分の少ないものを選んでいくようにするのが大切です。

 

このように、脂質を賢く摂りいれて、つやのあるお肌を目指していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す