.

美肌のためにはビタミンをバランスよく補給しましょう!

 

いつまでも若々しく、美しいお肌でいたいなら、アンチエイジング効果の高いビタミンはしっかり摂りたいところです。

 

肉や魚介類、野菜や果物など、食材の中には様々なビタミンが含まれています。

 

まずはそれらの働きを理解して肌の悩みの解消につなげていきましょう。

 

今回は、ビタミンの特徴などを交えながら探ってみたので、ぜひ献立の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

ビタミンの効果と特徴

 

ビタミンは炭水化物、脂質、タンパク質の代謝をサポートする補酵素で、健康維持、美容や発育のためになくてはならない存在です。

 

ビタミンには水に溶ける水溶性ビタミンが9種類、油とともに摂取すると吸収率がアップする脂溶性ビタミンの4種類(ビタミンA、D、E、C)があり、その効果は様々です。

 

そこでまず、各種ビタミンの働きを見ていきましょう。

 

ビタミンA

体の内側からパーンとした弾力のあるお肌を作ります。

 

しわ対策の化粧品にも使われているレチノールはビタミンAの一種です。

 

うなぎ、レバー、ニンジンに多く含まれています。

 

ビタミンB群

細胞にエネルギーを供給する働きがあります。

 

皮膚科のビタミンと呼ばれ、お肌や髪に針をもたらし、肌荒れやニキビを改善してくれる働きがあります。発芽玄米、豚肉、納豆、レバーに多く含まれています。

 

ビタミンC

美容のビタミンと呼ばれ、高い抗酸化作用でシミを予防したり、コラーゲンの合成や免疫力を高めたりする働きがあります。

 

レモン、オレンジ、パプリカなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

若返りのビタミンとも呼ばれており、老化を促進する活性酸素から赤血球を守って血行を促進します。

 

また、ホルモン分泌を整える働きにも関与しています。たらこ、かぼちゃ、アボカドに多く含まれています。

 

ビタミンD

お肌をリカバリーしてくれる作用があり、アトピーの治療にも用いられています。日光に当たることにより、体内で生成されるので、適度な日光浴もおすすめです。

 

鮭、サンマ、卵、キノコ類に多く含まれています。このように、ビタミンはお肌のためには欠かせない副栄養素なのです。

 

肌トラブルを防ぐビオチンにも注目

 

ビオチンは、腸内細菌が作り出すビタミンの一種で、皮膚炎の予防効果があります。多量のビオチンを投与する「ビオチン療法」と呼ばれる治療は、アトピーなどの肌トラブルやアレルギーの治療にも用いられています。

 

コラーゲンの合成にも関与しているため、アメリカでは美肌のビタミンとして有名なのだそうです。喫煙や、アルコールや砂糖の過剰摂取、偏った食生活や抗生物質を長期にわたって服用すると、不足しやすくなると言われています。

 

ニキビや吹き出物の治りが遅かったり、かぶれやすかったり、爪が割れやすい、抜け毛が多いと言った症状あるようなら、もしかしたらビオチン不足に陥っている可能性があります。

 

ビオチンは水溶性のビタミンなので、体の中に長く留まっていることは出来ません。そのため、ビオチンを積極的に摂っていきたいと思うなら、1日に複数回分けて摂取することが必要になります。

 

ビオチンは卵に多く含まれていると言われていますが、生の卵では卵白にフックまれるアビジンというタンパク質と強く結びつき体外に排出されやすくなってしまいます。

 

しかし、卵に熱を加えることで、アビジンの性質が変化し、ビオチンと結びつかなくなるので、卵から摂る際には過熱して摂取するのがおすすめです。そのほかにも、ビオチンはインスタントコーヒーやピーナッツ、アーモンドなどにも含まれています。

 

さいごに・・・

 

美肌のために必要なビタミンは毎日の食事から、積極的に摂っていきたいものです。

 

毎日バランスよくビタミンの補給をすることで、いつまでも若々しい美しいお肌を保つことができると言えます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す