.

食物繊維のパワーで美肌&アンチエイジングを目指す!

 

食物繊維は、体内のお掃除役としては有名です。腸内に溜まった有害物質を排出し、便秘や腸の病気を予防する強い味方です。

 

しかし、和食離れが叫ばれている今、意識して摂らないと、あっという間に食物繊維不足に陥る可能性があります。

 

便秘解消、美肌とアンチエイジング効果も期待できる食物繊維は積極的に摂りたい副栄養素のひとつです。

 

今回は、そんな食物繊維について探ってみましょう。

食物繊維で腸から美しく!

 

毎日のお通じに欠かせない食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。

 

水溶性食物繊維

図陽性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサになり、酸の発生を促すことで、悪玉菌の増殖を抑制し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

海藻類、納豆、果物、野菜などに多く含まれています。

 

不溶性食物繊維

不溶性即持つ繊維は、水分を吸収して膨らみ、腸内で長官を刺激して排便を促してくれる働きがあります。

 

切り干し大根、大豆、穀類、ゴボウ、イモ類、キノコ類に多く含まれています。

 

食物繊維には、脂質と糖質の吸収を穏やかにして、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効果もあります。

 

糖質を摂るときに一緒に耐えると、肌の黄ばみやごわつき、老化の原因にもなる糖化を防ぐことができます。免疫機能も上昇するので、肌荒れや乾燥が気になる方にとっては、積極的に摂りたい副栄養素のひとつです。

 

注目したいファイトケミカル

 

食物繊維とは別に注目したいのがファイトケミカルと呼ばれる、植物性食品に含まれる色素や香りなどの有効成分です。

 

ファイトケミカルは、体内で活性酸素による抗酸化からガードしてくれる、女性にとっては大切な存在です。

 

代表的なものに、大豆製品に多く含まれるイソフラボンがあり、女性ホルモンと類似する働きと美肌効果が期待できるとされています。

 

また、赤ワインのポリフェノールや、緑茶に含まれるカテキン、緑黄色野菜の赤やオレンジなどの色素成分であるカロテンやリコピンも抗酸化力が高く、アンチエイジング効果と共に老化を防ぐことが期待されています。

 

食物繊維と共に摂っていきたい美肌成分ですね。

 

サラダの効率の良い摂り方

 

野菜の美容成分の多くを占めるのが、カロテン、リコピン、ルテインなど、野菜の色素に含まれているアンチエイジング成分=ファイトケミカルです。

 

体の内側でのサビを除去してくれるファイトケミカルは脂溶性で、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。

 

サラダを食べる時などは、オイルドレッシングを使用することがオススメです。亜麻仁油などのオメガ3系油や、オリーブオイルでドレッシングを作れば、さらに抗酸化力が高まり美肌に一歩近づく効果が期待できます。

 

食物繊維が多く含まれている野菜には、ファイトケミカルも豊富に含まれています。また、オリーブオイルには、排便を促す効果も期待されています。

 

そのため、オリーブオイルなどと共にサラダを食べることは、美肌やアンチエイジングの効果をグッと引き寄せる効果的なメニューと言えます。ぜひ、献立に加えてみてください。

 

さいごに・・・

 

食物繊維のパワーは、腸から美しく、そして美肌やアンチエイジングへの第一歩とも言えます。上記でご紹介したように、サラダなどで美味しく食べて、キレイに慣れたら嬉しいですよね。

 

また、お肉や野菜などと一緒に、キノコなども加えてアレンジすれば、簡単に食物繊維と共にファイトケミカルも効率よく摂取することができます。

 

意外と簡単に料理ができるし、排便も促してくれるので、効果も実感しやすくなります。

 

毎日の食材に加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す