.

今年の冬至はいつなの?かぼちゃやゆずの由来や意味は?

2014-11-08_080832

 

本格的な寒さがやってくるこの季節。

 

体の温まることがしたくなりますよね。

 

冬至には、柚子湯にでも入ろうかな〜なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

 

今年の冬至はいつ?

 

それは12月22日です。でも朔旦冬至っていったい何?

 

あまり聞き慣れない言葉ですよね。朔旦冬至とは、新月と冬至が重なった日のことを言うそうです。

 

そもそも冬至とは、最も日照時間の短い日のこと。つまり、冬至の次の日から日照時間は長くなっていきます。

 

冬至を境に太陽がまた力を付けていくのです。太陽の復活の日です。昔の人は、ロマンチックなことを考えますよね。そして、2014年12月22日は新月です。新月もまたこれから月が丸くなっていくということで、月の復活を意味しています。

 

太陽の復活と月の復活が重なったとても貴重でおめでたい日が、「朔旦冬至」なのです。中国では古くからこの朔旦冬至の祝いの義が催されていて、日本では桓武天皇の代に初めて行われたそうです。

 

桓武天皇といえば、遣唐使の派遣でも有名ですよね。唐の文化を積極的に取り入れた天皇です。この時派遣されたのが最澄、空海、橘逸勢などです。

 

この時代の読み物で、杉本苑子さんの「檀凛皇后私譜」という小説があるのですが、平安初期の激動の時代が手に取るように分かって、とても面白いです。おススメですよ。

 

話が逸れましたが、朔旦冬至は日本でも古くからおめでたいこととして、祝われてきた大切な日。そして、今年がその年です!太陽と月のダブルパワーで何か良いことありそうですよね。

 

かぼちゃを食べて、柚子湯に入って、お祝いをしましょう!

 

スポンサーリンク

冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?

2015-07-18_075322

 

冬至といえばかぼちゃ。日本人なら当たり前のことですよね。でもなぜ、冬至にはかぼちゃを食べるのでしょう。

 

冬至は「これから良いことがありますように」という明日を願う日。運が付いてくるように、『運盛り』と呼ばれる『ん』が付くものを食べる習わしがあります。

 

かぼちゃ(なんきん)の他にも、だいこん、れんこん、にんじん、かんてん、きんかん、ぎんなん、うどん(うんどん)等。

 

まさに、『ん』のオンパレードですね。そしてかぼちゃは煮物として食べることが多いようです。

 

また昔の人々にとってかぼちゃは、夏に収穫を迎えることが多いですが比較的保存が利くので冬に食すにも都合が良く、冬の栄養不足を補う大切な野菜だったのです。

 

かぼちゃはビタミンA(βカロチン)やビタミンCやビタミンEが豊富で、冷え性に効果があり、免疫力を高めることができる野菜です。長い冬を元気に乗り切れますように。かぼちゃにはそんな願いが込められているのです。

 

冬至に柚子湯に入るのはなぜでしょうか?

2014-11-08_080832

 

湯治にはお清めの意味で柚子湯に入るのだと言われています。柚子は爽やかで独特の香りがします。

 

その高い香りが邪気を払うものだとされてきたようです。それと柚子は冬の果物なので体を温める効果があり、体を温めるということはそれだけで、体調を良くする作用があります。

 

免疫力を高め、体を温める。昔の人は、病気にかかりにくくする為の色々な知恵を持っていたのですね。

 

それから柚子湯には、「冬至」と「湯治」という言葉遊びの意味もあるようです。言葉というものを大切にする、日本人らしい発想です。

 

では、これからの長い冬を乗り切る為に、他にも体を暖かくする食べ物とはどんなものがあるでしょうか?

 

かぼちゃや柚子の他にも体を温める食べ物

 

基本的に夏の野菜は体を冷やし、冬の(秋の)野菜は体を温めると言われます。

 

そして、水分を多く含んだ野菜は体を冷やす働きがあるので、硬くて水分の少ない野菜を食べると体が温まります。(上記にもあったかぼちゃは、堅くて質量の重いものがホクホクしていて美味しいです。要するに水分の少ない方が美味しいので、美味しいかぼちゃは冬向きの野菜といえます。)

 

また、生野菜は体を冷やすので、火を通して食べるのが良いでしょう。特に汁物が体を温かくします。夏の野菜は体を冷やし、冬の野菜は体を温めるなんて、人と野菜の関係って良くできていますよね。

 

今は1年を通してどんな野菜でも手に入りますが、無理に季節外れの野菜を買わなくても、その季節にあった野菜をその季節にあった食べ方で食べるというのが、本来、体にもお財布にも良いことなのでしょう。

 

昔の人の知恵がふんだんに盛り込まれた冬至の習わし。その季節ごとの風習を知ることは、その季節を快適に過ごすことにも繋がっていくのだと感心しました。

 

今年の冬至は特別な朔旦冬至です。太陽と月の復活を、クリスマスよりも一足早くお祝いしましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す