.

冬の鍋!私の独断と偏見ランキング!レシピのヒントもご紹介!

2014-11-16_130259

 

いよいよ冬も本番を迎え、早くも春を待ち遠しく感じている今日この頃です。ところで日本て、四季とか言う割には冬が長過ぎると思いませんか?日本列島の北半分の地域なんて、11月〜4月まで、なんと半年間も寒いんですよ。

 

1年の半分は冬で、残りの半分で春夏秋を分け合っているって皆さん気付いてました?そんな日本の長〜い冬を快適に乗り切る為の必須アイテムは、やっぱり鍋!(笑)そこで、今回は私の独断と偏見ありの、「寒い冬を乗り切る鍋ランキング」を作ってみました。

 

  秋田名物、きりたんぽ鍋

 

きりたんぽ鍋を初めて食べたのは、渋谷の「秋田」という居酒屋。道玄坂と円山町のホテル街の中間に位置する、怪しい物を売っているお店とライブハウスがひしめき合う辺りにあるひっそりとしたお店でした。

 

そこで食べたきりたんぽ鍋の衝撃!

 

いぶりがっこ(薫製されたたくあん。秋田の名物。)も一緒に食べると、ホント幸せ〜。

 

日本に生まれて良かった〜。できれば秋田に生まれたかった〜。って思うあったか鍋です。

 

そして、きりたんぽ鍋で欠かせないのが、鶏もも肉と、ゴボウと、セリと、舞茸です。あっ、もちろんきりたんぽもね。鶏だしに、ゴボウとセリの風味が加わってなんとも言えない奥深さです。

 

  おでん

 

おでんにも色々とありますよね。甘じょっぱい醤油ベースのおでんや、醤油を使わない塩ベースのおでん等など。

 

そこで今回のおすすめはその中間。簡単ダシおでんです。まず、土鍋に水を入れて火にかけ、そこに手羽元と昆布を入れて煮立ったら灰汁をとり、白ダシとミリンを入れてスープは完成。

 

昆布は多めに入れると美味しいですよ。後は好きな具材を入れます。大根、ちくわ、はんぺん、こんにゃく、餅巾着、卵、など。

 

ちょっと裏技
大根は一度柔らかくなるまで下湯でするととっても美味しいです。その時に塩とお米(もしくはとぎ汁)を入れるとベター。全然違います。

そして他にも、じゃがいも、ウインナー、水餃子、イイダコ、つくね、なども美味しくなります。

 

ウインナーや水餃子などの風味の強い物を入れると、ガラッと雰囲気が変わるので、途中から入れても良いかも。2日くらいは食べられるし、簡単で温まれるので冬はおでんに頼りっぱなしです。

 

   みぞれ鍋

 

みぞれとは、大根おろしのことです。大根おろしって、まるで雪のようですよね。この季節にピッタリです。そして、おススメのみぞれ鍋のレシピはこれ。

 

ちょっと裏技

この、ゴマ油でこんがりと焼いたお餅がたまらなく美味しい。

 

ごま油の風味が鍋全体に広がって、良い仕事してます。ダシも白ダシを使っているので簡単ですし、具材も何でもOKで安上がり。

 

根菜は体の中から温まるので、寒い冬におススメです。

 

スポンサーリンク

   モツ鍋

 

鍋の定番とも言えるモツ鍋。ニンニクとショウガで体がポッカポカになります。モツの下ごしらえが面倒だという方には、味付きのモツ(てっちゃんのような物)でもOKです。

 

既にやわらか〜くなっているので、とろけるように美味しいです。ニラをたくさん乗せれば、良い匂いで食欲もそそります。ダシは、塩味、醤油味、味噌味、味噌醤油味、と色々アレンジできるので、自分好みを見つけてみるのも楽しいと思います。

 

辛いのが平気という人は、鷹の爪も入れると更に体がポカポカに。そして、〆は何でもOKですが、おススメはラーメン。美味しいですよ。

 

   カレー鍋

 

カレーは相性の良い食材が多いので、色んな物を入れて楽しいカレーパーティーになります。スパイスの効果で体も温まり、楽しく美味しく冬の夜を過ごしましょう。

 

そして〆は、うどんでも雑炊でもラーメンでも何でもOK!チーズを入れてカレーリゾットも美味しいです。

 

洋風にも和風にもアレンジできて、とても自在性の高いアグレッシブな鍋です。

 

他にも

2014-11-16_130259
画像出典:http://www.moranbong.co.jp/recipe/detail/id=1849

 

その他にも、気になっている鍋といえば、市販のスープで良く見かける醤油豚骨鍋。ラーメン好きの筆者としては、これは見逃せません。でも実際どうなんだろう、ちょっと想像できなくて今だに躊躇しています。

 

醤油豚骨鍋、もちろん〆はラーメンですよね。勢いがあれば、是非試してみたいと思っています。鍋料理って、スープも具材もたくさんあって何を作ろうかホント迷ってしまいますよね。

 

チャレンジ精神も大事?

 

もし勇気があれば、無限大な可能性にチャレンジして、オリジナル鍋を作ってみてはいかがですか?えっ、まずは自分でやってみろって?

 

筆者は鍋ランキングを見てもお分かりのように、正統な保守派なので遠慮しておきます。(笑)

 

これから更に厳しさを増していく冬。寒い冬は嫌いだけれど、鍋ができると思うとまんざら悪くもないかな〜、なんて思います。鍋を囲む食卓は、真冬の中のオアシスなのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す